C59 108②

また間が空いてしまいました。前回の続きです。

↓まずは下回りの部品から洗浄、塗装に入ります。

001

↓車輪です。

002

↓前台車、動輪、テンダー台車を組みつけました。

003

↓従台車。ニッケルメッキ処理後塗装、磨き出してあります。

004

↓シリンダケーシングと返りクランク受け。

005

従台車同様メッキ後の磨き出しですが、シリンダの細い金線は塗装です。

↓組み上がりました。

006

↓次は上回り、プライマー塗装後にランボード横の白線を吹きます。

007

↓マスキングして今度は黒を吹き付け。

008

↓マスキングを剥がして各所を磨き出し、上回りは塗装完了です。

009

↓次は電装に入っていきます。

010

PFMサウンド機なので、モーターにコイルとコンデンサを背負わせています。
中央のピンコネクタはヘッドライトと標識灯に行く線です。

↓標識灯基板。台枠前方にビス止めしてあります。

011

ちなみに白灯なので、LEDは電球色にしてあります。

↓ヘッドライト基板。煙室扉裏にビス止めしています。

012

↓テンダーの電装は以前のC62同様、PFMサウンドと灯火を一体にした基板を載せています。

013

電装を済ませたら最終組み立てです。

↓ガラスも入れ、機関士さんに乗ってもらいました。

017

↓灯火類の点灯試験。側面手スリは金メッキ仕上げして最後に装着しました。

018

019

020 021

↓これにて完成です。

022 023 026 025

↓最後に別途日章旗を作りました。

027

マイクロキャストのC11用をベースに旗を紙で作り直しています。煙室扉ハンドルに引っ掛けて装着します。

↓いい感じ♪

028

029

↓おまけ。レイジージャック製の転てつ器標識です。

Dsc03496_20190702000201

前回は付属デカールを使用しましたが、今回は塗装で仕上げました。

おしまい。次回はNにいきます。

 

| | コメント (0)

«C59 108①