C59 108①

春ですねぇ。だいぶ暖かくなりました。

↓新しくまな板に上がったのはこちら。

Dsc03188

天賞堂のC59 108です。1979年の製品のようです。今回はこいつのディテールアップです。極力現代の製品に近づける事を目標としつつも、そこそこの部品交換と追加に留めて進めます。

↓とりあえずばらします。

Dsc03192

ほぼノーマルですが缶モーターに換装、バックプレートが接着剤で引っ付けられていました(汗)

↓塗装剥がし。

Dsc03193

いつになくあっさり剥がれました。再塗装車かな…?

↓旧い製品の為、一部しか床板がありません。キャブ周りを作り直すため一旦解体します。

Dsc03194

↓バックプレート。

Dsc03195

↓火室部分を延長、装着し直します。

Dsc03196

洗口栓の位置が実車と違いましたので、移設の為外してあります。

↓キャブの床板をt0.4板から新製しました。

Dsc03198

↓ボイラーと組み合わせ、元の姿に戻りました。

Dsc03199

↓こんな感じ。

Dsc03200

↓フレーム側についている端梁をキャブ下に移設、後ろからねじ止めにしました。

Dsc03203

↓従台車はロスト一体です。ここから空気分配弁を剥がして

Dsc03205

↓キャブ下へ移設しました。

Dsc03207

これで構造は現代の製品と同じになりました。

↓洗口栓の位置変更とコンプレッサー、給水ポンプのウイスト製への交換、各配管の引き直しと追加を行い、エンジン部外装は完成です。

Dsc03208

↓次はテンダーです。軽くディテールを追加しています。

Dsc03209

昭和31年のお召列車牽引時にはテンダーのヘッドライトは装備されていないようでしたが、あえて装着しています。

↓裏側。ATSがないのでシンプルです。

Dsc03210

スピーカー搭載の為に底に穴を開けています。

↓上物は生地完成です。

Dsc03211

次は電装関連の取付けですね。

| | コメント (0)

«ボナファイデ キハ21を組む