« リトルジャパン・スユニ61キット一気組み① | トップページ | リトルジャパン・スユニ61キット一気組み③ »

リトルジャパン・スユニ61キット一気組み②

さ、パーツ構成から。

↓1台分のランナーと小パーツです。

Kc380098

板キットを見るとワクワクするのは私だけでしょうか。ツメ付きのはめ込みガラスが目新しいです。

しかもスユニ61ですよ♪ウズウズしますw

↓その前に余興です。自作と並べてみました。

Kc380100

作った年次が古い割りには雰囲気はまぁまぁですかね。窓が思いっきりズレてるのに目をつぶればですが…そんなの無理w

早速ランナーからちょん切って、パーツを並べていきます。

↓503番。

Kc380106

↓104番。

Kc380104

2台ともセオリー通り、カットしてからバリをなめてあります。

↓ロクに仮組みもせずにいきなり妻板と側板をL字に組んでいきます。

Kc380107

↓そのままロの字にして

Kc380108

↓このキットの特徴である天井板を落とし込んで接着してしまいます。

Kc380109

で、この上に屋根板を取り付けるわけですが、そのままではぴったり嵌まらないのでちょっとだけ加工します。

↓濃いグレーで塗った部分を面取りします。

Kc380103

↓屋根板を嵌めこんでみます。

Kc380111

接着していないのにこの状態です。合わせ箇所全周に渡って寸分の狂いもなく嵌まってます。ちょっとだけ加工した事を差し引いてもこの手のキットとしては奇跡的な精度です。

屋根板を別に塗装して取り付けられるのはもちろんの事、接着の必要すらないかもしれません。

↓屋根板にベンチレーター取付穴を開けていきます。

Kc380112

503番は煙突用の穴を開けてます。

どちらにせよ、裏側には位置・形状共に良く考えられたガイド穴が開いてますのでサクサクと作業が進みました。

↓床板(こちらも二重構造です)とガラスパーツを切り出し、仮組みしていきます。

Kc380113

組立て後も市販の完成品と殆ど変わらない取扱いが出来るよう、良く考えられています。ガラスや床板はツメ取付なので普通に分解出来ます。

さらに驚くのが、ここまで仕上げるのに要した時間が2台でわずか1時間半だったという事。摺り合わせ作業が必要だったのはわずか1箇所でした。

どっちの数字も普通は無理です。この精度、素晴らしすぎます。

回し者ではないですが、これは絶賛に値します。初めての方にも文句なしにお勧めできますね。

次回はいきなり下回りです。

|

« リトルジャパン・スユニ61キット一気組み① | トップページ | リトルジャパン・スユニ61キット一気組み③ »

リトルジャパン・スユニ61キットを遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

相変わらずスピード出すと早いねぇ・・・。

投稿: こむめ | 2008年3月 4日 (火) 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/40352155

この記事へのトラックバック一覧です: リトルジャパン・スユニ61キット一気組み②:

« リトルジャパン・スユニ61キット一気組み① | トップページ | リトルジャパン・スユニ61キット一気組み③ »