« 近江ED31を組んでみる③ | トップページ | 近江ED31を組んでみる⑤ »

近江ED31を組んでみる④

さ、色塗りの時間がやって参りました。

…とその前に。

↓ナンバー貼付け中。ハンダ付け道具一式片付けた後に気付いた…ちっ

Dsc00172

ハンダメッキによる取り付け法だと熱の入りがイマイチだったので横から流して跡をキサゲてます。

さ、気を取り直して塗りましょうか。とりあえず裏側のハンダを処理してクレンザーでひたすら磨きます。

↓いきなりプライマー塗らさってます

Dsc00173

↓下地塗装。いつもの下地用塗料です。

Dsc00192

車内も外部と同じ膜厚でがっつり吹いてます。深い意味はありません。ちょっと高級かなーと。

サーフェイサーは使ってません。そんなCMありましたね。あちらはファンデーションですが。

サフ吹かないと消えないような傷なら下地をやり直した方が賢明です。

それでもって本塗装。

↓とりあえず台枠に黄色塗ります。黄かん色と黄色のまぜものです。

Dsc00193

この後、黄色を残す部分をマスキングしておきます。

↓お次は車体色

Dsc00198

難しい色ですね。結局濃い水色になりました。こちらも屋根を残してマスキングします。

↓台枠と足周りに黒を吹きます。

Dsc00199

↓ 先ほどの屋根とパンタ。明るいグレーに塗ります。

Dsc00200

前後パンタ台をつなぐ板は塗装後にパンタ足に通してます。初めに付け忘れてたのは内緒です。まぁこれでも何の問題もありませんが。

↓台枠の小パーツに色を差した後、テープを剥がしますと…

Dsc00201

よござんすね。

↓次はナンバーに赤を入れます。面倒でもマスキングして吹いた方が良いかも。

Dsc00202

↓いろんな小道具でちまちま磨きます。

Dsc00203

とりあえず夜も更けて参りましたので本日はこれでおしまい。

|

« 近江ED31を組んでみる③ | トップページ | 近江ED31を組んでみる⑤ »

ワールド工芸・近江鉄道ED31を組む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/41496978

この記事へのトラックバック一覧です: 近江ED31を組んでみる④:

« 近江ED31を組んでみる③ | トップページ | 近江ED31を組んでみる⑤ »