« 銚子電鉄ユ101「澪つくし号」を作ってみる② | トップページ | 小田急デト1キットを組もう② »

小田急デト1キットを組もう①

立て続けに新しいの行きます。

↓またもらいもの。いつもすいませんm(__)m

A108

部品がいっぱいです。楽しそうですね。

早速フレームからやっていきます。

↓切り出して

574d

↓貼っつける

782c

この台枠はしばらく出番なしです。

次は動力装置組みます。

↓動台車インナーフレーム。説明書だとちょっと解り辛いですが、このように曲げます。

Fe54

フレーム下部の台車枠取り付け座は車輪を入れるまで曲げるなと取説に書いてありますが、曲げてハンダを流しておいた方が強度的に有利なんで敢えて曲げてあります。

↓台車枠です。エッチング板3枚で基本を構成し、担いバネを裏から貼ります。

Af4f

なんかばっちい気がする。

↓従台車にはインナーフレームがなく、ピボット軸受けが付きます。

8abb

やっぱりばっちい。要修行です。

↓これまでの足周り部品を黒染め。

Dsc00683

↓俺色…いや、黒に染まった部品たち。失礼しました。

Dsc00690

染まった部品を組み付けていきます。

↓動力装置。こんな感じでベークライト製の部品で左右フレームを連結し

Dsc00691

↓一番良い位置にモーターをハンダ付けします。ちょっと難しいです。

Dsc00694

↓従台車に伸びるリード線を付けてとりあえず一丁上がり。

Dsc00697

足周りはここで一旦一区切りです。

この後は上回りに入っていきます。

|

« 銚子電鉄ユ101「澪つくし号」を作ってみる② | トップページ | 小田急デト1キットを組もう② »

ワールド工芸・小田急電鉄デト1を組む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/42487993

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急デト1キットを組もう①:

« 銚子電鉄ユ101「澪つくし号」を作ってみる② | トップページ | 小田急デト1キットを組もう② »