« 小田急デト1キットを組もう② | トップページ | 津軽21でも作ってみます① »

小田急デト1キットを組もう③

さ、いよいよ塗装です。

↓まずブラックから。車室内と床板裏側にも入れてあります。

Dsc00748

↓マスキングしてグレーを吹いていきます。

Dsc00752

↓パンタとウエイト、台車枠にも。

Dsc00771

↓キャブには適宜調色したオレンジ色を吹きます。

Dsc00758

これで塗装は一通り完了です。

↓ガラスを取り付けていきます。

Dsc00786

一般的な窓セルを裏から貼ってありますが、ボンネットのHゴム窓のみアクリル削り出しのはめ込みガラスを奢ってます。

これで上回り?が完成しました。

続いて足周りの組立です。

↓塗装が済んだ台車を組みます。

Dsc00778 

当然ですが、従台車ピボット軸受けに付着した塗料はきちんと除去します。

↓前後台車間のリード線を、床下機器パーツの線押えを通してつなぎます。

Dsc00789

リード線は長すぎず短すぎずで切断しないと台車の首振りに影響します。

↓前後台車の取り付け。床下機器はまだ線でぶら下がっているだけです。

Dsc00793

↓キャブを取り付け、下からネジ止めします。この時点で床下機器も固定されます。ここまで来たらほぼ完成ですね。

Dsc00796

↓連結器は前回の澪つくし号と共通のSHINKYOカプラーです。

Dsc00798

カプラーをネジ止めします。動台車側のポケットが台車に干渉したので、若干削り落としておきました。

で、完成です。

Dsc00821

Dsc00825

Dsc00844

Dsc00837

荷台上が雑然とした感じが出せれば最高なんですが、息抜きなんでやめました。

変なクルマなんでそこにいるだけで妙な存在感があります…

なかなか楽しめました。

|

« 小田急デト1キットを組もう② | トップページ | 津軽21でも作ってみます① »

ワールド工芸・小田急電鉄デト1を組む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/42489816

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急デト1キットを組もう③:

« 小田急デト1キットを組もう② | トップページ | 津軽21でも作ってみます① »