« 相模鉄道モニ2000を作ろう① | トップページ | 相模鉄道モニ2000を作ろう③ »

相模鉄道モニ2000を作ろう②

前回、動力車の足まわりを作成しました。本日はトレーラーです。

↓こんなものも入っていました。クモル24あたりの部品ですね。

Dsc01840

ここから床板をいただく算段です。とりあえず切り離して切り口を仕上げます。

↓台車はこちらの定番商品。塗装後の色剥がれがちょっと心配ではありますが、まぁ大丈夫でしょう。

Dsc01842

とりあえず先程の床板に履かせてみたものの、少々問題が発生しました。

ボルスタ高が高く、台車が首を振ってくれません。ですので、ボルスタを加工します。

↓こんな感じで削りました。

Dsc01844

両手が塞がっていたので写真は撮れませんでしたが、小さめに切ったt1.0ベーク板をスペーサー代わりにして高さを出してます。

↓一丁上がり。

Dsc01848

床板の加工はこの辺で一旦置いておきます。

↓次はそろそろ車体に手付けていきます。

Dsc01849

全体にかなり薄肉なんで、組み上がるまでは取扱いに細心の注意が必要です。

ここでまた一つ問題が。

↓この部分を直角に起こして床板を押さえるリブにするわけですが

Dsc01852 

↓これを使うとこうなっちゃうんです。

Dsc01853

床がコンマ数mm飛び出してます。まぁ新たにリブを作り付けるにしても手掛かりがあった方が楽なんでそのまま行っちゃいます。干渉部分は床板側で何とかしましょう。

↓ヒィヒィ言いながらハンダ付けして、1両目の構体が出来ました。

Dsc01859

↓四隅のRは削んなさいってことみたいです。とりあえず温度を抑え気味にしてハンダを盛ってあります。最終的にはパテ併用になるでしょうね。

Dsc01860

…てか、ウインドウシルとヘッダー、激しい所だとステップなんぞあるんですが…まぁ何とか頑張ります。

今日は車体を洗って干しておしまい。次回はあと2両の構体を同じ所まで仕上げます。

|

« 相模鉄道モニ2000を作ろう① | トップページ | 相模鉄道モニ2000を作ろう③ »

kitcheNキット改 相鉄モニ2000系の製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/43653522

この記事へのトラックバック一覧です: 相模鉄道モニ2000を作ろう②:

« 相模鉄道モニ2000を作ろう① | トップページ | 相模鉄道モニ2000を作ろう③ »