« 相模鉄道モニ2000を作ろう③ | トップページ | 相模鉄道モニ2000を作ろう⑤ »

相模鉄道モニ2000を作ろう④

なんとなく迷走気味ですが、前回はM車床下機器の装着までやりました。

今回はボディとの勘合方法を考えていきます。

↓あまりにも突拍子なく、こんな部品が登場します。

001

いきなり出来ちゃってますが、車体裾の内面に装着するスペーサーです。

動力ユニットとボディ内寸から引き算して、t1.0プラ板で作ってあります。本当は真鍮製ブラケットで動力をネジ止めしたかったんですが、うまい方法が思いつかないので過去に実績のある方法にしました。

↓動力装置の凹みと勘合するように爪が取り付けてあります。

002

上部が床板ストッパー、下部が脱落防止の爪です。高さ方向の取り付け寸法は求める車高より逆算して決めます。

過程?いっぱいいっぱいで…すいません。

↓車体裾ツライチに取りつけていきます。

003

車体を取りつけてみます。

↓車高はちょうどいい感じですね。

004

↓左右の傾きもチェックします。

005

いい所に来てますね。

続いて、連結器を装着していきます。

↓こんなものが入っていました。

006

色々あるんですねぇ。

↓内容物です。

007

ホワイトメタル製のカプラーホルダーとエッチング板、ねじがセットされています。これに市販のTNカプラーの腕を組み合わせて使うようです。

とりあえず組立てましょうか。

↓ホルダーの内部を黒マジックで塗っていきます。

008

塗膜の厚みを嫌ってこうしてみました。

↓組立てます。

009

強度的にちょっと不安だったりしますが、かなりのスペース縮小にはなるでしょう。

このカプラーを付ける為、床板にさらなる加工を施していきます。

↓端部にプラ板を積層し、床板を延長します。

010

元の床とツライチにしました。

↓上面から見るとこんな感じ。

011

↓ここに先ほどのカプラーをネジ止めします。

012

R280でギリギリです。もうちょっと前方に出してもいいかも。

とりあえず車体をかぶせましょう。

が…

↓カプラー部分が干渉するんで内板切っちゃいます。

013_2

↓装着完了。

014

↓前から。

016

もうちょっと上げ方向に振ってもいいかもしれません。

↓横から。

015

↓カプラー部分アップ。

017

やべぇw これでもギリッギリかわしてますが…

やっぱりもうちょっと上げた方が良いですね。車体裾部との絡みがどうなるかで決めていきたいと思います。

今回はここまで。サクサク進まないんで疲れますねぇ…

|

« 相模鉄道モニ2000を作ろう③ | トップページ | 相模鉄道モニ2000を作ろう⑤ »

kitcheNキット改 相鉄モニ2000系の製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/43744949

この記事へのトラックバック一覧です: 相模鉄道モニ2000を作ろう④:

« 相模鉄道モニ2000を作ろう③ | トップページ | 相模鉄道モニ2000を作ろう⑤ »