« キハ22 31と45③ | トップページ | 相模鉄道モニ2000を作ろう① »

キハ22 31と45④

あけましておめでとうございます♪

弊ブログも本日でちょうど1年を迎えることとなりました。アバウトな車輛製作の過程を大雑把に記録するだけの適当極まりないものではございますが、毎日一定のアクセスを頂いており、おかげさまで本日付で累計38,000アクセスを頂いております。

今後ともご愛顧いただけますよう宜しくお願い致します。

さ、カタい挨拶は置いといて22の続きです。

↓前回作業の後、洗った状態。

001

何しようか迷いますが、とりあえず加工した31番の屋根にグレーを吹くことにします。

↓塗りました。ちょっと濃いかも。

002

↓別アングルから。根性で浮かせたベンチレーターがお判り頂けるかと。

003

ベンチレータのステーが欲しくなります。今さらですが、実車のベンチレータの取り付け方法は四隅に付いたステーによるものでした。この模型で足としている部分は実車だと導気管になるようです。

この塗装と同時に、45番の屋上手すりにも同色をタッチアップしておきました。

この後、屋根は少々放置プレイします。

↓クリーム部分をタッチアップします。色が合いきりませんでした…

004

↓次は屋根と車体のオレンジ部分をタッチアップします。

005

↓エアホース類に黒を差します。

006

↓上にばっちり写ってますが、モーターカバーは全体をブラックでウォッシング、機器のない部分を艶消しブラック、エアタンクを半艶ブラックで塗りました。

008 

↓お次は車体標記を貼り込んでいきます。純正インレタと自作デカールの組み合わせです。

009

貼り終わった後、車体全体にクリアラッカーを吹いておきます。

↓あとはあちこちにウォッシングやらエアブラシやらで汚して

010

↓いつの間にか組み付けて完成♪

011

相変わらず途中かなりぶっ飛んでます。

     

     

ここからは完成写真です。

     

キハ22 31

012

↓後位側より俯瞰

  013

↓前位側のお顔。

014

↓後位側のお顔。

015

あら…浮いてる。

↓公式側側面

016

↓非公式側側面

017

   

   

   

キハ22 45

018   

↓後位側前方より。

019

↓公式側側面

020 

↓非公式側側面

021

   

   

   

おまけの1番。前回はほとんど写真なかったもので…

022

↓後位より。

023

↓公式側側面

024

↓非公式側側面

025

    

    

    

最後に3台揃いぶみ。

026

027

以上でごさいました~♪    

|

« キハ22 31と45③ | トップページ | 相模鉄道モニ2000を作ろう① »

TOMIX・キハ20系の改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/43634711

この記事へのトラックバック一覧です: キハ22 31と45④:

« キハ22 31と45③ | トップページ | 相模鉄道モニ2000を作ろう① »