« DD21でも作ってみます② | トップページ | リゾート列車でスキーしに行ってみました »

DD21でも作ってみます③

今回は昨日と今日の2日分アップです。

やっぱりいま一つ進んでいません。昨日は早く帰って来たと思ったら友人に拉致られました(苦笑)

11時に戻って来て作業しました。

↓台枠の部品です。シンプルなんで何とかなりそうです。

Dsc02088

↓サクサクと曲げていきます。

Dsc02091_2

現時点では端梁の部分は曲げないでおきます。曲げちゃうとステップが入らなくなります。

↓とりあえず側板の部分を取り付けます。

Dsc02093

↓ステップ部品を挿入し、ここで端梁を曲げます。

Dsc02096

↓全体的にハンダを流して補強し、台枠アッセンブリが出来ました。

Dsc02098

これを前回までに出来た上回りと組み合わせるわけですが、その前に。

↓一旦仮合わせし、ラッセルヘッドも付けてみます。

Dsc02100

ラッセルヘッドが若干斜めになってしまっています。上回りより台枠がわずかに長い為です。端梁全体をわずかずつ削っていき、ちょうどいい所に合わせました。

↓ラッセルヘッドの装着に支障がないことを確認した後、上回りと台枠を接合します。

Dsc02102

↓上下が固定された所で、運転席側ボンネット端部と端梁に渡って付いている手摺を追加しました。

Dsc02105

該当部分にスリットを切って線材を埋め、半田付けしてあります。床から生えている握り棒も取り付けました。頭の玉は後から付けます。

↓これで上回りの作業は全て完了しました。

Dsc02109

所々ちりばめた小技が利いてて気分いいです。

ここから続けて足回りに入っていきます。

↓使用する全ての部品を切り出します。

Dsc02114

↓途中の写真がありませんが、必要な部分を曲げてハンダ付けします。

Dsc02115

一旦黒染め処理を施しますので、極力ハンダのはみ出しがないようにします。

↓で、また写真がありませんが黒染めしました。

Dsc02119

台車周りは比較的まともに染まっていますが、フレームと燃料タンクは脱脂洗浄した所こんなになってしまいました。

どちらにせよ塗装はしますので、そのままにしておきます。

次回はいよいよ塗装作業に入れそうです。

|

« DD21でも作ってみます② | トップページ | リゾート列車でスキーしに行ってみました »

ワールド工芸・DD21を組む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/43899183

この記事へのトラックバック一覧です: DD21でも作ってみます③:

« DD21でも作ってみます② | トップページ | リゾート列車でスキーしに行ってみました »