« キハ183-503③ | トップページ | キハ183-503⑤ »

キハ183-503④

更新が遅くなってしまいましたが、塗装に入っていきます。

↓お約束の洗浄作業。

Dsc02363

↓下地とベースのライトグレーを吹きつけて

Dsc02366

↓まず縦方向に走る帯のマスキングを行います。キハ183-500のお尻に貼ってあるのは手で持つ際のつかみしろ用です。

Dsc02368

窓回りに横方向に走る帯は後回しにします。

何重にもマスキングテープが重なったダンゴ状態を避ける為の措置で、テープ貼りを丁寧にさえすればこんな事をする必要はありません。

↓キハ183-100以外、今回は製品に合わせる必要もないので各方面で定評のあるこの色を使ってみます。

Dsc02371

↓シュッシュパッパと吹いていきます。なかなかいい色ですね♪ドア横の白い部分は緑帯の発色を良くする為に2重マスキングを施した部分です。

Dsc02373 

↓マスキングを剥がした状態です。手前になんか先走ってる奴がいますが…こちらはこの後、単独でガンガン塗られてお友達の所へ帰っていきました。

Dsc02376

↓いつの間にか窓下の帯が入り、レタリングまで入っちゃってます…。諸般の事情でメチャクチャな突貫工事で行きました。

Dsc02379

「HET183」ロゴはこれまた頂き物のkitcheNさんのインレタ、ゴシック体ナンバーはTOMIX製、ATS-SNや速度表示、その他標記は自作のモノです。

↓組み付けてみました。う~んいい感じ。でも地味かも。

Dsc02384

↓屋上から。550番台系統のクルマと並べるとかなり違います。

Dsc02388

↓切り継ぎ部分。雨樋がちょっと乱れましたが自分基準でOKなんで修正してません。

Dsc02386

↓屋上のクーラー、換気扇部分。すんばらしい部品です。今はキッチンさんの回し者になります。だって、これ自分で作るの無理よ…?

Dsc02390

んでですね…ここでお伝えしなければならない悲しいお知らせがあります。

実は豪快なエラーが…まぁサクッと言っちゃいます。

クーラー前後逆。

あはははははは…。実は、この車両見た知人が

「へー、クーラー逆向きなんだぁ」と。で「そーなんすよねぇ」なんて自信満々にサックリ答えてたりしたんです。

が…いい所まで仕上げた状態で眺めて悦に浸っていたら「あれっ?」てな事に…

↓クーラー逆にした根拠がこれ。とれいん誌の87年6月号、登場当時の新車紹介記事です。

Dsc02392

ね?逆向きでしょ?写真もそこそこに、これを大部分参考にしてたんです。換気扇がオフセットされてないのは「あー違うなー」なんて思っていましたが、これにはだまされた(苦笑)

でもこの資料、こんなケチは付いてしまいますが相当価値は高いです。後部の窓割りから換気扇の前後方向の位置寸法、ベンチレーターの正確な位置まで全て載ってます。

でも…写真資料もちゃんと確認しましょう。ましてや私の場合、近所で実物を観察出来るにも関わらずこの体たらく…笑うしかありませんね。

で、作ったクルマどうしましょ。

選択肢はごくシンプルな3つ。

1.何も見てない。

2.サックリ廃車。

3.がんばって直してみる。

どっしよっかな~…

クーラーの位置そのものは間違ってないのが救いといえば救いかもしれません。

気が向いたらちょっと頑張ってみます。乞うご期待。んがっんん。

|

« キハ183-503③ | トップページ | キハ183-503⑤ »

TOMIX・キハ183系 その他諸々」カテゴリの記事

コメント

おばんでございました。

青きれいですね。
この塗料知りませんでした。

知らなかったのですが、再販タイプは屋根のパーツが取れるのですね。
これはいいですね。
いままで屋根を1つつぶしたり、レジンでコピーしたりと大変でした。

クーラーの逆取り付け。
私も部品の逆付け、たま~にやっちゃいます。
(私は本人の問題か。笑)
でも、この図面はしょうがないですよね。

投稿: Hide | 2009年2月17日 (火) 23時34分

はじめまして。
工作やってるブログ探していたら
こむめさんとこに出逢ってそこから
来ちゃいました。今後とも良しなに。
ジャンルは全くかみ合わないのですが
昔東京で面識あった方が北の車両
やっていたのでつい見ちまってます。
個人的に北はキハ281とか14系が
気に入ってます。
>とれいん
この雑誌を愛用してるので
コメントしたようなものです(笑)。
そういうミスがあったとは・・・・。
この雑誌は出版社の偉い人(顧問だったか?)が
かって京阪沿線在住だったようなので
京阪の図面も多く重宝してますが
幸いこういう誤植は製図してる人が
ずっと同じで(電鉄関係者か?)ありません。
今後は用心せねば(えー
では。

投稿: まさとし3055 | 2009年2月19日 (木) 23時56分

>選択肢はごくシンプルな3つ。

>1.何も見てない。

>2.サックリ廃車。

>3.がんばって直してみる。

図面見て作ったのに違ってしまっていたんですよね。

では選択肢に追加
4.実車が間違っている。

投稿: | 2009年2月24日 (火) 21時37分

Hide様

この塗料、知人から教わったものですがなかなか良いです。個人的にはもうちょっと薄くても良いかな?といった印象ですが、現時点では一番近似の色なのは間違いないでしょう。入手しずらいのが難点ですが…。札幌近郊ですと平岸の文教堂さんで置いてました。
キハ183-0のリニューアル仕様、屋根と屋根の部品が取れるようになりました。加工のしやすさは従来品から各段に良くなってますね。これならキロ184やキハ182-100あたりも楽に出来そうです。


まさとし3055様

ご訪問ありがとうございます。最近はあちらから来られる方が増えているようです。
とれいん、資料性がかなり高いので重宝してますが、まさかこんな落とし穴があるとは思ってもみませんでした(苦笑)
時々付録している図面は公式資料を基に新たに起こしているもののようですね。公式資料の形式図はもうちょっとシンプルなものです(RMの新車記事等に載っているのがそうですね)
何はともあれ、いい教訓にはなりました。


?様

1台ぐらい間違ってくれてないかな~なんてアホな期待しつつ資料漁りしてみましたが、残念ながら501~507の全車間違ってませんでした。
仲間内では車庫にユニック持ってってひっくり返してくるか~なんてバカ話になってます。


投稿: おまつ | 2009年3月 1日 (日) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/44094046

この記事へのトラックバック一覧です: キハ183-503④:

« キハ183-503③ | トップページ | キハ183-503⑤ »