« リゾート列車でスキーしに行ってみました | トップページ | DD21でも作ってみます⑤ »

DD21でも作ってみます④

いよいよ塗装に入っていきます。

↓全体をプライマー処理した後、足回りと車体の裏側全てにフラットブラックを吹きます。

Dsc02174_2

ちなみに、台車フレームの裏側には塗料が回らないようにします。作動不良の原因になりますので。

とりあえず上回りには寝ててもらい、足まわりの組み立て作業にいきます。

↓足回り関係の部品。ゴミみたいのがいっぱいいます。

Dsc02176 

↓まず、軸受け部分をデザインカッターで軽くさらいます。

Dsc02178

↓内部のギアを組み付けて

Dsc02182

↓車輪を圧入して一丁上がりです。

Dsc02187

がっ…重大な問題が発覚。

上部に乗っている四角い部分、逆です。豪快にやっちまいました。

ついでに言うとボルスタの部品もつけ忘れてます。

↓ボルスタ取り付けたの図。実は組み付けの間違いに関してはこの時点でも気付いていませんでした。

Dsc02191

↓修正して組み付け。先ほどのポカ、実はここまで組み付けてようやく気付いてます。さすがに焦りました。

Dsc02194_2

別に黒染めしておいた輪芯も取り付けます。この後台車、モーター間の結線を行い、テスト走行してみます。

 

足まわりの組み立てが終わったらいよいよ車体の塗装していきます。

↓黒で残す部分をマスキングして

Dsc02196

↓帯色の白を吹きつけていきます。

Dsc02199

色味から言って逆順の塗装となっていますが、隠蔽力を上げる為に細工した白塗料を用いているので問題ありません。ベースホワイト使ってもいいかもしれませんね。

↓帯をマスキングして灰色を吹いていきます。

Dsc02201

↓この後、グレー部分をマスキングして朱色を吹きます。

Dsc02204

横に並ぶのは色調確認用のTOMIX製DD51です。大体揃ったイメージに出来ました。

とりあえず今回はここまで。次は色差しと標記類の貼り付け、組み立てに入っていきます。

|

« リゾート列車でスキーしに行ってみました | トップページ | DD21でも作ってみます⑤ »

ワールド工芸・DD21を組む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/43935590

この記事へのトラックバック一覧です: DD21でも作ってみます④:

« リゾート列車でスキーしに行ってみました | トップページ | DD21でも作ってみます⑤ »