« TOMIX・キハ40形ばらばらインプレッション④ | トップページ | TOMIX・キハ40形ばらばらインプレッション 補遺 »

789系1000番台「スーパーカムイ」頭だけ

昨日深夜、友人と「ラーメン食うか~」とか言いながら札幌市内某所を流していると某氏よりTEL。

「あのね、哀しいお知らせです」

「何ざんしょ?」

「スーパーカムイ出るって(ニヤニヤ)」←少なくとも俺にはそう聞こえたw

「あ、そうっすか~」

「悔しくないの?悲しくないの?」

「別に…」←この台詞で干された女優風味

製品カブりで喜ばれても困るんですがね。

2007年9月、話のネタにと実車のデビューと同時に1両だけ製作したのがこれから紹介するこいつです。

当月開催された「北海道モデラーズエキシビジョン」でターンテーブルで1日中回されて、お子たちの羨望の眼差しと大人たちの「1両…?」というツッコミを一身に受けた健気な奴です。

あれから2年近く、工作台の展示棚の上で後ろに付くはずの相棒を待ちわびて日々過ごしていましたが、マイクロからのリリースによって彼の命脈も尽きたようです。

…というわけで公開しちゃいます。

↓でん。

Dsc02557

窓配置を正確にする為、クハ、モハ、クロハの3個イチにしました。カネの無駄遣い、とも言います。

Dsc02559

この角度から見た際の200・300番台とのもっとも違う所、乗務員扉と手摺はプラ板から のスクラッチです。

肉眼では違和感無く収まってますが、写真のアップだと隙間の不均等がばれちゃいますね。

↓後部ドアは200・300番台車とは違い、車イス対応ドアになってます。

Dsc02561

ここはクロハ用ドアを継ぎました。お尻に傷がありますが、間違って「ガリッ」とやった跡です。

5両フル編成を製作するにあたり、このドアの為にクロハを4台潰すことになります。そのためにバラ売りいっぱい買いましたので、うちには色が剥がされたクロハが何台もw

↓おケツ。

Dsc02563

つるっとした基本番台に対し、1000番台車は横方向のビードはいっぱい入ってます。ここはランナー引き伸ばし線を溶着しました。本当は1本ビードが足りません。

↓屋上。こちらも妻面と同じくランナー引き伸ばし線です。

Dsc02565_2

シルバーに塗ってしまうと、あまりにもガタガタっぷりが目立つのでライトグレーにしました。

↓屋根中央部。ここにキハ201系用改のエアコンが載る予定でした。

Dsc02567 

↓お顔。ガラス関係がないのでちょっとマヌケですが…

Dsc02571

↓「スーパー白鳥」との並び。

Dsc02573

Dsc02570

地色の塗装は当時最新だったクレオスのスーパーファインシルバーとスーパーファインステンレスを主に使いました。今もって素晴らしい輝きを放っています。ここに関しては製品でも追随してくることはないでしょう。

買ったら速攻で同色に塗り替えてやるw

このクハ789、編成で本線を走ることはありませんでしたが、展示した時はなかなかのインパクトがあったようで、各所で紹介して頂けたりしました。

ガラスとライトレンズを入れる工事を施した後、私個人の技術史料としてまた展示台の上に戻り、静かに余生を過ごすことになりそうです。

種車になった多数のスーパー白鳥は、中間車の改造が進んでいなかったことが幸いして、部品の組み戻しやあちこち書き込まれたケガキ線やマーキングの除去、不足するクハ2両の調達を行って復帰出来そうです。

どなたかクロハとクハ取り換えっこしません?1両は完品状態がありますんでm(__)m

|

« TOMIX・キハ40形ばらばらインプレッション④ | トップページ | TOMIX・キハ40形ばらばらインプレッション 補遺 »

成仏のためのおへや」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
御心中お察しします・・・・・。
製品は「エアポート」ですが例によって
何気にシールもあり
「まりも」に出来る「はまなす」な感じか。
こっちもさんざんあってるから・・・
と言いたいとこですが細部とかで
プラ製品のほうが(?)な奴らが
多いので真鍮キット作る気満々(笑)。
特定編成だとM社は詰め甘いので私鉄物は
余裕です。
16番着手しておいて大正解でした。では。

投稿: まさとし3055 | 2009年3月15日 (日) 09時26分

こんにちは!

やはりあの作品はそうでしたか。
実車が出てかなり早い時期の作品だったのを覚えてます。
見に行き私の第一声が「早!もう作ったの?」でした。笑
もちろん撮影もしましたがクルクル回るターンテーブルにやられ、携帯カメラではタイミングが合わずボケボケになってしまいました。爆

作った車両がメーカーで出る良くありますよね。
でもま、旬なネタにいち早く飛びつける事がモデラーの醍醐味であり、正直メーカーの量産品の比ではありません。
(メーカーを否定するものではありません)
手の込んだ部分まで作れる。これですよね。

しかしこのスーパーカムイ良く出来てます。
均一にランナー引き伸ばした妻面や特にシルバー塗装がムラなく吹かれ綺麗。

どうも私は製作時間がかかり旬なネタに乗り遅れぎみです。
その行動力、見習いたいです。
そうそう、mixiに足跡付けたの私です。
ぞらさんのリンクで見たもので同じ方なのかな?って思いまして。
あちらでも宜しくお願い致します。

投稿: Hide | 2009年3月15日 (日) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/44350234

この記事へのトラックバック一覧です: 789系1000番台「スーパーカムイ」頭だけ:

« TOMIX・キハ40形ばらばらインプレッション④ | トップページ | TOMIX・キハ40形ばらばらインプレッション 補遺 »