« 銚子電鉄デハ301④ | トップページ | でっかい機関車がやってきた② »

でっかい機関車がやってきた①

先日の日曜日、趣味仲間の一人がこんなものを預けて去っていきました。

↓これ。

Dsc03627

えっ…マジで…?ロクにHOやったことないんですけど。

思ったより重たいのね。いつだかブラスのDE10を預かったことありますが、それより重い気がします。

で、気持ちよく新車です。失敗出来ないじゃん。

↓どうもこれにしたいそうで。後からご自身撮影の写メが送られてきました。

090421_104844

了解…しました。

↓ちゃんとこんなものも同封されてます。

Dsc03628

付けろってことですね。はーい。

早速作業にかかってみます。

とりあえず分解するワケですが、さすが世界のKATO、素晴らしい構造してます。

↓ものの10分弱で

Dsc03629

ばらっばらに。蓄電池箱だけは接着止めだったんで、ちょっと手こずりました。動力装置等、手を入れない部分は箱にしまっておきました。

この中から、

↓まずはこの3点を加工します。

Dsc03630

今回のクルマの場合、まともな加工はこの3点だけなんで、まぁ楽と言えば楽かもしれません。

↓まずはキャブ屋根から。

Dsc03631

この扇風機カバー、1718号機までの仕様だそうで、今回の1719号機とは違うそうです。

↓なんで、こうします。

Dsc03632

扇風機カバーの背を低くします。カットするわけですが、当然穴が開きますので切り取った端材で埋め、表面を仕上げておきます。

うまくやれば部分塗装で済みそうです。こういう所はでかいと楽ですね。

↓次はキャブ。

Dsc03633

タブレットキャッチャー、同保護板を撤去します。

次はボンネット。

↓ブッツブツと。

Dsc03634

後述のルーバーパーツを貼り付ける為、接着部分の塗装を剥がして接着剤の流し穴を開けます。当然開けすぎると強度低下を招きますので、程よく止めておきます。

↓ルーバーパーツ。製品の一体型ラジエーターカバーを3分割タイプにするものらしいです。

Dsc03635

次回はこれの組み立てと取り付け作業から行きます。

ここのところ色々と時間もないので今週中に上げてしまいたい所です。   

|

« 銚子電鉄デハ301④ | トップページ | でっかい機関車がやってきた② »

KATO HO DE10入換機仕様」カテゴリの記事

コメント

色々とお世話になっております。
余談ですがエコーの旋回窓はKSの枠だけの物とは違い3ピース(窓、枠、中心モーター)になっててカッコイイですよ。

投稿: S26 | 2009年6月27日 (土) 11時18分

毎度お世話になっております。
ちょっと検索掛けて見てみましたが、まぁえらい細密で(汗)
いつか本気でやる時に使ってみたいかも…

投稿: おまつ | 2009年6月28日 (日) 05時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/45445031

この記事へのトラックバック一覧です: でっかい機関車がやってきた①:

« 銚子電鉄デハ301④ | トップページ | でっかい機関車がやってきた② »