« でっかい機関車がやってきた② | トップページ | 広島の展望列車を作ってみよう① »

でっかい機関車がやってきた③

前回は足周りまで出来ました。

車体の塗装を行いましょう。

当初、足周りと同時にグレーを全面塗装、マスキングを繰り返して白→赤とする予定でしたが、グレーと白の境界をマスキングする作業が途中で面倒になり。

↓先に白帯の色から入れてしまう事にしました。

Dsc03648

既に帯部分のマスキングを施した状態です。

↓で、そのまんま赤を吹いて

Dsc03649

前作業で白を全面に吹かないという判断ミスで下地が透けやすく、綺麗に発色させるのに苦労しました。

↓次に赤部分をマスキングしてグレーを吹きます。

Dsc03650

↓テープを剥がしてこの通り。何とかうまくいきました。

Dsc03651

↓引き続き、窓回りとボンネットの継ぎ目にブラックを入れました。

Dsc03652

↓ひっそりと作ってあったナンバープレートに番号を入れて

Dsc03653

↓所定の位置に貼り付けます。

Dsc03654_2

キャブ側面のJRFロゴですが、当初Nゲージ用インレタを用いる予定でいたものの、サイズが合うものがなく、今回はお流れとする事にしました。

↓ボンネットの手摺を取り付けた後、ライトプリズムやウエイトを元通りに組見立て、この部分は完成です。

Dsc03655

↓次、前面ガラスの黒Hゴム化と旋回窓の取り付けです。

Dsc03656

KSモデルの旋回窓を使用しました。インレタで済ませてしまうNと違って大変でした。ちょっと接着剤がはみ出てます…(汗)

で、全体を組み立てます。

…と言っても今回は場所の関係もあり、加工が済んだ所は順次組立ててしまう工法を採った為に、最終組み立てはキャブを取り付けるだけでした。

↓てなことで完成。

Dsc03657

Dsc03658

↓標準の一体形から3分割形に変更したラジエーターカバー。

Dsc03659

↓低いタイプに加工した扇風機カバー。

Dsc03661

Dsc03660

Dsc03662

Dsc03662_2

Dsc03663

Dsc03666

今回初めてHOに手を付けましたが、なかなか魅力的です。

大きさがあるとやはり迫力が違ってきます。反面、ディテールをいじった時の細密感の出しやすさはNの方に軍配が上がりますね。モノが小さい分、たかが手摺の数本で物凄く細密に見えますのでその点では楽です。

やはり加工するにも場所を食うのとお財布のパワーバランスの関係上、当面はNのままやっていく事になりそうです。

でも…いつかは編成モノスクラッチとかやりたいな~…

|

« でっかい機関車がやってきた② | トップページ | 広島の展望列車を作ってみよう① »

KATO HO DE10入換機仕様」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
HOもやるんですね。
ビシッと決まってますね!

投稿: スーパーおおぞら | 2009年7月 6日 (月) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/45473793

この記事へのトラックバック一覧です: でっかい機関車がやってきた③:

« でっかい機関車がやってきた② | トップページ | 広島の展望列車を作ってみよう① »