« 特急「はなたび利尻」号④ | トップページ | キハ160で遊んでみる⑥ »

特急「はなたび利尻」号⑤

新年明けましておめでとうございます。

本年1月4日、弊ブログも丸2年を迎えました。この典型的無精者がよくやっとるなと我ながら思います(笑)
色々と迷走気味ではありますが、今後ともお付き合いよろしくお願い致します。

もう1件、去る1月2~3日に京王プラザホテル札幌にて行われた運転会にご来場の皆様、ありがとうございました。
数名の方より「いつも見てます」とお声掛け頂き、恐縮の限りです。ああいった場所ですとなかなか深くお話する事も叶わずにご迷惑をお掛けしてしまいましたが、またお見掛けする機会がございましたらその節はよろしくお願い致します。また、著名なモデラーさんとも色々とお話させて頂く機会があり、様々なアドバイスや有難いお話等頂けました。

 

…というわけで、前回の続きです。

続きとは言うものの、前述の運転会に強引に間に合わせる為に写真もロクに撮ってない突貫工事の連続です…。

↓全車、下塗りを施しました。

Dsc04185

Dsc04186

今回、塗装工程をもう少し詳しくというリクエストを頂きましたので、ちょっとだけ詳しく解説していこうと思います。

下塗りは、Mr.カラーのベースホワイトにシルバーを少量(色味がライトグレーになるぐらい)混ぜたものを使用しています。ベースホワイトは元々隠ぺい力が高い塗料ですが、これによってさらに隠ぺい力を上げ、下塗りの塗膜を薄くする事が出来ます。

↓お座敷車に、1色目の赤を吹き付けました。

Dsc04188

Dsc04192

この赤はMr.カラーのシャインレッドをそのまま用いています。

↓その他の車両にはベース色のグレーを。

Dsc04187_2

こちらは、白をベースに黒と黄色を少量ずつ混ぜ、TOMIXの製品に合わせて調色した塗料を用いています。

タミヤカラーのインシグニアホワイトがほぼピッタリ合うそうですので、そちらの方が手軽に出来るかもしれません。

で、塗り途中の写真があるのはここまででして…

↓いきなり塗りと組み付け終わっちゃってます(汗)

Dsc04222

そのままおしまい…というのもアレなんで、以下に各色の概要説明を。

HET色 キハ183-1502・1504・キハ182-502

ベース色 : Mr.カラー ホワイトをベースにブラックとイエローを少量ずつで調色
青部分  : フィニッシャーズ・フォーミュラフレンチブルー
緑帯    : Mr.カラー ルマングリーンと蛍光グリーンの混合

JR北海道特急色 キハ182-512・スハネフ14 507

ベース色 : HET色と同様
茶色    : Mr.カラー レッドブラウンにブラックを混ぜて調色
緑帯    : HET色と同様
紫帯    : ガイアノーツ ラベンダーにMr.カラー ホワイトとブルーを混ぜて調色
寝台車の青帯:Mr.カラー ブルー 

お座敷車 キハ183-6101

ベース色 : Mr.カラー シャインレッド
グレー部分: Mr.カラー ジャーマングレー
金色部分 : Mr.カラー スーパーメタリック スーパーゴールド

以上が車体色ですが、緑帯とお座敷車のグレーが強い艶消しで仕上がりますので、最後にクリア塗装が必須となります。

各車の屋根上

GM鉄道カラー ねずみ色1号に黒を混ぜたTOMIX製品近似色(今回、お座敷車のみねずみ色1号そのまま)

といった具合になります。

なんとなく判りにくい説明ですが、調色する際も常にテスト用の車体に吹きながら色を決定しているのでどうしてもこんな感じになってしまいます。

一見不便ですが、何処のメーカーの何々色でないとダメ…といった制約がほとんどないので、少ない種類の塗料のストックで全塗装から製品のキズの修理まで色々と対応出来るわけです。

今でこそ札幌近郊在住ですので大体のモノは手に入りますが、以前はMr.カラーとタミヤカラー以外の塗料は手に入らない場所にいた為にそのような技法を身に付けた次第です。

…という能書きはこれぐらいにして、仮落成した各車の写真です。

↓キハ183-1502

Dsc04198

Dsc04199

Dsc04200

↓キハ182-502

Dsc04201

Dsc04203   

↓スハネフ14 507

Dsc04224

Dsc04205

Dsc04226

↓キハ182-512

Dsc04206

Dsc04207

↓キハ183-1504

Dsc04208

Dsc04209   

↓キハ183-6101

Dsc04210

Dsc04212

Dsc04211 

Dsc04213

 

各車、未取り付けの部品や色差しを残したまま、先述の運転会で本線デビューを果たしてきました。 

Dsc04223

ここからはおまけ。一緒に塗った車両たちです。

↓寡黙に連結試験の相手を勤め続けたキハ40も、ようやく塗ってもらえました。

Dsc04194 

Dsc04195

Dsc04197

Dsc04196

実はこっそり実車取材まで行って作ったフルディテール仕様です。

↓長いこと机上に放置プレイされていたキハ183-207。

Dsc04218

Dsc04219

Dsc04220

Dsc04221

まだ方向幕が入っていませんね。

↓同じく放置組のキサロハ182-553。

Dsc04214

Dsc04215 

「HET183」ロゴは札幌のショップ、カラマツトレインのものを用いました。

Dsc04217

後年追加された喫煙室窓を開けてあります。

 

本年1発目の落成車は以上9両でした。

次回はキハ160に戻る…はずです。

|

« 特急「はなたび利尻」号④ | トップページ | キハ160で遊んでみる⑥ »

TOMIX・キハ183系改 「はなたび利尻」」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
先日、名刺をいただきました、Hideさんの友人でございます。今年も沢山、改造作品楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 苗穂のおっさん | 2010年1月 5日 (火) 13時22分

始めまして。triple_seven777と申します。

最近になって拝見させて頂いておりまして利尻を参考にさせて頂いております。

塗装は帯ブレも無く素晴らしいですね~。細い帯も完成品以上の出来ですね。
私も最近183系の資料が揃い始めましてやっと改造に着手してますがまだまだ細かいエラーが多いものでして・・・

利尻の完成を期待しております。

投稿: triple_seven777 | 2010年1月11日 (月) 03時54分

苗穂のおっさん様

すっかりお返事が遅くなってしまい申し訳ございません。その節はありがとうございましたm(__)m
今後とも、よろしくお願い致します。


triple_seven777様
初めまして。ご覧頂きありがとうございますm(__)m
実は、以前から私も拝見させて頂いておりまして…様々なネタを手際良く料理するのを見て、羨ましい思いでおりました。
塗装、これがまた写真に写っていない所で色々あるんです(笑)
183系ですが、新製当初からのバリエーション、後天的な改造で各車ディテールがバラバラで奥が深いですね。一応地元ですが、「あれぇ~こんなんなってたっけぇ?」等ということもしょっちゅうです。それだけになかなか面白くなってしまい、こんなにどうするの…?何て事になってしまってます。
他のモノもあります故、完成はまだまだ先になってしまいそうですが宜しければお付き合い下さいませ。

投稿: おまつ | 2010年1月12日 (火) 03時47分

スハネフ14のSLEEPING CARロゴは自作でしょうか?

投稿: zora | 2010年10月26日 (火) 20時35分

zora様

閲覧頂きましてありがとうございます。
ご質問の「SLEEPING CAR」エンブレムですが、かつて(10年ちょっと前でしょうか…)マリンファクトリーという所から発売されていたものを使っています。
今ですとkitcheNさんから同様のインレタがリリースされていますので、こちらの方が出来も良くてお勧めです。
ただし、数量限定だったはずなので品切れになってしまっているかもしれませんが…

投稿: おまつ | 2010年10月26日 (火) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/47209320

この記事へのトラックバック一覧です: 特急「はなたび利尻」号⑤:

« 特急「はなたび利尻」号④ | トップページ | キハ160で遊んでみる⑥ »