« キハ40 402とキハ40 767 | トップページ | キハ182-100② »

キハ182-100①

さ、今回はお友達から預かったキハ182を100番台に化かす作業をやっていきます。友よ、待たせてすまぬ。それも半端でなく。

キハ182-100は特急おおぞらの増結用として登場した回送運転台付き車ですが、さしたる活躍もないまま廃車、最近輸出用に本州に送られたのは皆さんご存じの通りです。

しかしまぁ、回送運転台にも関わらず相当カネと手間の掛かった改造が施されてます。当然模型でもそうなるワケで…文句なしで大変です。顔を作らなくていい分、キハ183-500あたりの方がたぶんラクに出来ます。

まあいいや。

↓とりあえずバラバラにして色を剥ぎます。

Dsc04323

で、デッキを後方に移設するんですが、いやらしいことにドアの開閉方向が逆向きにされており、それに伴って手摺も逆向きになります。従って、すっきり作る為にはデッキ部を一旦切り離して逆向きに切り継いでやる必要があります。

↓てなわけで邪魔になる妻板を切り落としてしまいます。

Dsc04325

↓次にデッキ部分を切り離します。

Dsc04326

この際、デッキ部を逆向きにして接合した場合に2個目の窓からドアまでが11.6mm以上となるようにします。多少長い分には切削調整出来るので問題ありませんが、短くなるとほぼアウトになります。

↓くっつけた。

Dsc04327

前述の通り、2個目の窓からドアまでは11.6mmとなるようにしています。無論、曲がりや歪みには注意します。

次に、切断しろや切り継ぎ箇所を削った分で、車体長が短くなってしまっています。そこで、妻板に車体の延長の為に1mm厚のABS板を接着します。

↓ こんな具合。

Dsc04453

がっちり付いたら、外形、内側共に削り取ってしまいます。

↓こんな感じ。

Dsc04454

上の写真では削っている途中ですが、最終的には外・内共に車体の断面形状に完全に一致させます。

↓こんな感じになるまで頑張ります。

Dsc04456

この工程で、最終的な車体長さ-0.5mm短くなるように調整しておきます。

ここまで、作業の流れが何となくお判りでしょうか…

↓次に、t0.5プラ板で前面になる部分を取り付けます。

Dsc04460

↓で、外形をきれいに削ります。

Dsc04462

屋根板を加工するまで、雨樋より上には手を付けないでおきます。

次に余分な窓を埋めます…となるはずが。

↓…

Dsc04463

冗談みたいに割れてます。

窓埋め等の際、脱脂の為にプラ用シンナーを綿棒に少量付けて接着面を拭くんですが、いつも通りその作業をしていると、まずドア回りがピキっと逝き、じわじわとクラックが広がって行きました。

もうこうなるとどうしようもないのでこいつは廃棄です。心からキハ182で良かったと思う瞬間。これがキハ184なんかだと泣くに泣けません。

↓とりあえず無事だったお尻を切り離しました。

Dsc04467

で、ダメになった部分にシンナーをブッ掛けて一晩放置してみました。

↓するってーと。

Dsc04468

ぼろぼろ。触ると鱗が剥れるように崩壊します。

↓あーあ。

Dsc04469

ここまで逝くと失敗どうこうよりむしろ面白くなってきますね。

たぶんですが…

この車両に限らず、最近のTOMIX製品は塗装の発色を良くする為に、積極的に樹脂に顔料を入れて着色成形してます(キハ40もそうですね)。

塗装剥離のIPAと反応したかな?とも思いましたが、白色や黒色成形の車体では全く問題は出ませんので(そもそも処理後は洗剤で洗いますし)、その辺りが影響しているんでしょう。どちらにせよシンナーの使用は極力避けた方が良さそうです。

ちなみに、当たり外れも大いにあるとは思います。
他の改造車も同じように脱脂処理して接着してますが、1台も問題は出ていませんので…

ってなコトで、仕切り直しです。あはははは。

|

« キハ40 402とキハ40 767 | トップページ | キハ182-100② »

TOMIX・キハ183系 その他諸々」カテゴリの記事

コメント

これはまた!
なんと見事な日焼け後の肌w

富キハ40ってIPA大丈夫でしたっけ?
そのうち地元色やろうかと思ってるんだけど…

投稿: ひだちゃん | 2010年2月 9日 (火) 06時52分

こちらでは初コメです。

えー…っと。。。
激しくイキましたねぇ(汗)

たまには失敗を掲載するものいいものです。
時間はかかっても構わないので、素晴らしい完成品をお待ちしてます♪

投稿: ポニー | 2010年2月 9日 (火) 14時59分

おはようございます。
今回も興味深い内容でとても参考になります。
ボディの切断とても綺麗でいつもどのようにされているのかとても気になります。仕上がりも超HGでただただ関心するばかりです。

投稿: 苗穂のおっさん | 2010年2月10日 (水) 10時21分

ひだちゃん様
酷いでしょ…初めてやっちまいました(汗)
キハ40に関しては10両位やりましたが、今のところ問題ありませんでした。シンナー拭きはヤバいかもです。

ポニー様
ここまで逝くとは…
あんまり割ける時間もないんで代替車両もガンガン進行中です。

苗穂のおっさん様
車体の切断に関してはリューターにステンレス製のカッティングディスク(ホームセンターで千円位です)を付けて一気に切断し、跡はペーパーで仕上げてます。かなり効率良いですよ♪

最後に…
みなさん掲載遅くなってゴメンナサイm(__)m

投稿: おまつ | 2010年2月17日 (水) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/47518855

この記事へのトラックバック一覧です: キハ182-100①:

« キハ40 402とキハ40 767 | トップページ | キハ182-100② »