« 特急「はなたび利尻」号改め 普通の特急「利尻」号⑥ | トップページ | 最後のキハ58を作る② »

最後のキハ58を作る①

先日の利尻号の整備に続いて、ウォーミングアップ第2弾。

実は、キハ58系使用の定期運用が既に4両である事をつい先日知りまして(汗)
未だちょいちょいと走っているとばっかり思っておりました。

ちょうど種車もある事ですし、たまには内地のクルマも良いかなということで作ってみることにします。

↓さて、今回の種車です。

Dsc06250

掘り出して来たのは言うまでもなくTOMIXのキハ58-1100(と思い込んでました。それは後ほど)とキハ28-2300です。今回はこの2台をベースに、特定番号として可能な限り作り込んでいくことにします。

プロトタイプは高山線で最後のご奉公を勤める富山運転センターのキハ58 1114とキハ28 2346、高山色の編成です。せっかく改造するんで色替えします。

基本的には手摺の交換等、通常のディテールアップと変わりませんが、キハ28のロット違いによる差異(製品は2357~2397を模型化しているようです)や後天的な改造を再現する為にはそれなりの切った貼ったが出てきますので、そちらを先にやってしまう事にします。

↓まずはテールライトの交換から。

Dsc06253

キハ28 2346は製品の外ばめ式とは違い、内ばめ式になっています。この部分をキハ56のジャンクボディからそぎ落として移植しました。

左が製品のまま、右が交換したテールランプです。言うまでもなく、左右両方交換します。

↓次に、車体と屋根板を接着し、継ぎ目を埋めます。

Dsc06255

↓で、ここで間違いに気付きます。

Dsc06259

左:作業中のもの

右:キハ58-1100

あ…1500番台の車体いじってる(汗)

屋根がまるで違うので普通は間違いませんが

↓こんな保管方法だと間違えます。

Dsc06260

↓気を取り直してやり直しました。後部も継ぎ目を埋めてます。

Dsc06263

続いて、ディテーリングを始めていきます。

前半は埋めたり削ったりの作業です。

↓まず、全ての客扉の明かり窓を埋めます。2両ともです。

Dsc06261

キハ58系を触っていくと必ずこの作業にブチ当たりますが、何度やっても面倒くさいですね。

2両共通で加工するのはここのみです。

次はキハ28の加工に入ります。

↓前面の水切りと吸気口を削り落してしまいます。

Dsc06262

この段階で手摺穴も開けておきました。

↓運転席側面窓の水切りを加工します。

Dsc06256

ちょっといびつな気もしますが、こんなもんでしょう。

↓次は運転席窓バランサー点検ブタの加工。

Dsc06269

元の物の下部のスリットを埋め、さらにその下に追設されたフタを取り付けました。

お次はキハ58の加工。

↓乗務員扉下部に手掛けが追加されていますので再現します。

Dsc06268

今回はここまで。次は部品取り付けから入っていきましょう。

しかし、思った以上に手間掛かります(苦笑)

|

« 特急「はなたび利尻」号改め 普通の特急「利尻」号⑥ | トップページ | 最後のキハ58を作る② »

TOMIX・キハ58系の改造 高岡色」カテゴリの記事

コメント

近々こっちに実車取材に来ると聞いてすっ飛んでき…w

もう1ヶ月ですよ。
また国鉄時代の花形形式が消えていく。
それも極近場で(´・ω・`)

JRとなった今では、
みんなに惜しまれつつ引退する車両って
出てくるのだろうか?
って思っちゃう。


それにしても
大師匠様が
思いもしないチョメチョメをされるとは???

投稿: ひだちゃん | 2011年2月13日 (日) 11時34分

ひだちゃん様

どうもですm(__)m
実車、見に行きたいものですが群がる人々が怖えーんでなんとも…いや、そもそも先立つものが(汗)
国鉄車、どんどんいなくなってしまいますね。次は40あたりが騒がれるんでしょうか。

大師匠なんてそんなそんな畏れ多い(汗)
ちなみになんかヘマやってますかね…?

投稿: おまつ | 2011年2月16日 (水) 03時24分

車体取り違いがゴニョニョ…
屋根がなけりゃ確かに解りづらいけどね。

山奥の40系は3年後には全ていなくなる(筈)
先日はキハ25が訓練入線してたじょ。

投稿: ひだちゃん | 2011年2月16日 (水) 18時47分

ひだちゃん様
自分で書いてて忘れてた(汗)
ぐちゃぐちゃに保管するとロクな事は無いぞと…一つかしこくなりました。
キハ11もそうでしたが、キハ25とはこれまた何とも…

投稿: おまつ | 2011年3月 5日 (土) 16時59分

はじめまして(礼)
僕は若くして、もう少ないキハ58・28やキハ52が堪らなく気に入ってしまって(笑)
実車も何度も撮りに行ったんですが、今やそれも叶わぬ夢…
そこで、同じくトミックスを種車に金トヤキハ58・28高岡色を作ろうと先人の方を探していたところこのブログを見つけた次第です(礼)
改造は初なので技法など享受していただきたいのですが、よろしいでしょうか…(汗)

投稿: なっちゃん | 2011年7月14日 (木) 15時57分

なっちゃん様

初めまして。ご覧いただきありがとうございますm(__)m
若くても全然OKですよ♪やっぱり国鉄のクルマは素敵です。
技法ですが、一言ではなかなか言い表せないので難しいです(汗) 大方良く言われる事ですが、グリーンマックスの板キット等から始められる事をお勧めします。簡単そうで、結構色々な技法が詰まってますからね。
この手の改造の上達って「潰した数」がモノを言ったりしますんで、いきなり完成品の改造はお財布的にもなかなかお勧め出来るものでもないんですよ…
お役に立てず申し訳ありませんが、とりあえずやってみて、またわからない事があれば相談してみて下さいねm(__)m

投稿: おまつ | 2011年7月15日 (金) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/50808834

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のキハ58を作る①:

« 特急「はなたび利尻」号改め 普通の特急「利尻」号⑥ | トップページ | 最後のキハ58を作る② »