« 男2匹のぶらり旅(後篇) | トップページ | 深川機関区の10系② »

深川機関区の10系①

旭川の西側に位置し、函館本線から留萌本線が分岐する町、深川。かつてここにあった深川機関区は、羽幌線の石炭列車用のD61が集中配置されていた事で知られています。

今回から、D61…ではなく、ここに所属した10系を作ります。

1973年4月時点で、キハ12 2・21、キユニ17 1が配置されていました。ここから、キハ12 2、キユニ17 1を作ることにしました。

まずはキハ12から。

言うまでもなく、種車はTOMIX製のキハ11です。キハ12への変更点としては、

1.トイレ窓の変更(狭幅のバス窓→角型のHゴム窓)

2.客扉下部明り取り窓の埋め戻し

3.デッキ上ベンチレータの変更(小型の片側押し込み形→大形の箱形へ)

4.前面下部へのタイフォン取付(池田区の車両に関しては屋上に設置)

ざっとこんな具合でしょうか。

ちなみに、ほぼ同様のメニューでキハ11 100番台にもなります。

さて、早速加工に入ります。

↓まずトイレ窓の加工から。邪魔になるモールドを削ります。

001

ウインドウシルも撤去する為、気にせず削り落してOKです。

↓埋めやすくする為、窓を角穴にしてしまいます。

002

↓で、埋めます。

003

↓トイレのHゴム窓の外寸に合わせて切り出した板を、ちょうど良い位置に貼ります。

004

t0.15のプラペーパーです。後の加工に耐えられるよう、流し込み接着剤を用いて頑強に取り付けます。 

↓Hゴムの幅にふちを残し、窓をくり抜きます。

005

ふちに残ったプラペーパーを整えて、Hゴム窓の出来上がりです。

↓同様のプラペーパーで臭気抜きを作って貼り付けます。

006

これでトイレ部分の加工が出来ました。

次に、ドアの明り取りを埋めます。

↓特に変わった事もなく、普通に埋めます。

007

これで車体の切った貼ったは終わりです。丁寧にやれば意外とあっさり出来ます。

↓この時点で一旦洗浄、加工部分のみ塗装します。

009

010

大幅にマスキングするのがかったるいので、色合わせして部分塗装としました。

もちろん横着せず全塗装するに越した事はないと思います。

手摺等を残して作業すれば、この時点で車体は完成ですね。

↓勢いに乗って屋根を加工します。

008

両端のベンチレータを撤去、TOMIXのPB-105、115系用の箱形通風器を載せておきました。

これでキハ12は一旦お休み、キユニ17の加工を行います。こちらもTOMIX製のキユニ17の改造です。

製品のキユニ17は、後期改造分のキユニ17 11以降をプロトタイプとしており、初期改造分のキユニ17 1・2とはそれなりの相違があります。

改造内容としては、

1.後部扉の変更(狭幅の開き戸→種車であるキハ17のままの引き戸へ)

2.前部縦樋位置の変更(側面乗務員扉前方→前面端部へ)

3.屋上の扇風機カバー撤去

4.前面にタイフォン追加

もちろんタイフォンを付けなければ、四国配置時の姿にも出来ます。

↓製品のキハ17とキユニ17の比較。

Dsc06447

キハ17の一番後ろの客扉の前に見える車側表示灯の部分を境に切断、お尻を切断したキユニに移植します。

↓こんな感じで。

Dsc06451

一通りの作業後に「あっ写真撮ってねぇ」と。もはや定番のパターンになりつつあります。

↓乗務員扉前部の縦樋は撤去します。

Dsc06452

雨樋自体も瞬間接着剤を用いて前面まで延長しておきました。

↓キハ12、キユニ17共、前面タイフォンを追加してあります。

011

捨てるほどあるTOMIX製キハ40の余り部品です。
どなたか欲しい方がいらっしゃいましたらあげます。

↓キハ12、キユニ17共にディテーリング作業を行いました。

Dsc06454

下回りのウェザリングに関しては、先の室蘭のクルマを作った際に同時に施工してあります。

つづく…

|

« 男2匹のぶらり旅(後篇) | トップページ | 深川機関区の10系② »

TOMIX・キハ10系の改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/51647651

この記事へのトラックバック一覧です: 深川機関区の10系①:

« 男2匹のぶらり旅(後篇) | トップページ | 深川機関区の10系② »