« 男2匹のぶらり旅(前篇) | トップページ | 深川機関区の10系① »

男2匹のぶらり旅(後篇)

さて、前回の続きです。

苫小牧駅を後にし、苫小牧運転所南側へ移動します。

↓キハ40 789とキハ40 352がお出迎え。

001_2

↓このキハ40 789、ちょっとした変わり者です。

002

1988年、まだワンマン化前のキハ40 150だった頃、エンジンをキハ400同様のDMF13HZに換装した「下回りだけキハ400」ともいえる個体で、最近の1700番台とも各部が違います。

この改造が急行の増結用として施工されたのか、キハ400ラストナンバーの連番故、キハ400-150として改造途中に工事を中止したものなのかは謎ですが、結果こんな事になりました。

↓エンジン。

003_2

1700番台のN-DMF13HZIとでは吸排気系の取回しやヘッドカバーの形状が異なります。

パッと見では日高線用のキハ40 350に近いです。車体は下に出てくる1700番台各車と間違い探ししてみて下さい。

水タンクの撤去工事が最近になって施工されたようです。

↓キハ40 1783。

004_2

005_2

↓キハ40 1788公式側を後ろから。

006_2

ここで今度は運転所北側へ移動しました。

↓キハ40 1788非公式側を前方より。

007_2

↓顔アップ。

008_2

↓手前にはキハ40 1787と1772が。

009_3

011_2

012_2

013_2

014_2

駅周辺を後にして、苫小牧港開発線跡を辿りながら日高線の撮影地に向かいます。

↓撮る人は撮られる人。

015_2

ちょっとして、橋の上から「来たー」と。

↓遠くからやってきました。

016_2

017_2

018_2

019_2

なんだか残念な感じです…

この後、植苗駅は移動しますが、助手席から寝息が。ま~そうなるわね。

↓朝一のスーパー北斗2号。283系8連でした。

020_2

ようやくまともな写真が撮れた気がします。

↓ほどなくして、先ほど苫小牧で寝ていた721系F-10+F-3がやって来ました。

Dsc06570_2

↓せっかくなんで屋上の写真。クモハの抵抗器です。

Dsc06573_2

↓モハのパンタ部分を前後から。

Dsc06574_2

Dsc06575_2

↓今度は千歳方面から711系S-111が来ました。 

Dsc06577_2

また屋上の写真撮ります。

↓クハ711-211

Dsc06579

Dsc06583

Dsc06587

Dsc06589

↓モハ711-111

Dsc06591

Dsc06594

Dsc06596

↓クハ711-111

Dsc06597

Dsc06598

Dsc06600

Dsc06601

この後、家に帰って爆睡、目が覚めたら夕方になってました。

おしまい。

|

« 男2匹のぶらり旅(前篇) | トップページ | 深川機関区の10系① »

適当に集めた実車資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/51622409

この記事へのトラックバック一覧です: 男2匹のぶらり旅(後篇):

« 男2匹のぶらり旅(前篇) | トップページ | 深川機関区の10系① »