« 石炭列車の名脇役 | トップページ | 男2匹のぶらり旅(後篇) »

男2匹のぶらり旅(前篇)

何週かに1度の週末、方々よりオタクおやじ達が集まって寄り合いを開きます。

自然発生的に始まってもう何年でしょうか。本人達もようわかりません。

で、今週もいつものように集まるワケですが、その席上、こちらの管理人氏が一言。

「はまなす見に行かね?」「苫小牧だと撮りやすいんだよね」

「おうよ♪」

顛末はリンク先に全て書いてます。

…というわけで行って来ました。私と2人だけですが。その他メンバー、力尽きて帰っちゃいました(汗)

時間ぎりぎりに到着、改札前にいたらDD重連の石油列車が通過していきました。ちょっと惜しい事しました。

で、ホームに降りて写真撮影開始。苫小牧駅で写真撮影なんて15年振りです。

↓早速DF200-101牽引のコンテナ列車が。

Dsc06467

Dsc06468 

↓間もなく、今回お目当ての急行はまなすが。

Dsc06472

↓この日の牽引機は1142号機でした。

Dsc06473

30秒ほどの停車時間なんでゆっくり撮る暇もなく、数台のみの撮影です。

↓オハ14 503。カーペット車同様のクーラーに換装されています。

Dsc06475

いつからかは不明ですが、初めて見ました。

↓カーペット車。515番でした。トイレ部分が柱で隠れてます。

Dsc06476_2

↓オハ14 505。ノーマル車と思いきや、表示の消されたドリームカーでした。

Dsc06478 

ここまで撮った所で発車。あとの何枚かは使い物にならん…

↓あと1時間ほど、道中お気を付けて。

Dsc06480

↓この後、反対側からすぐに来たDD51 1150+DD51 1156の重単。

Dsc06482

Dsc06483

↓室蘭方面からまたDDが。今度は1086号機でした。

Dsc06485

昼間はDFばかりですが、早朝はまだDDもそこそこ見る事が出来ますね。

ここからは電留線を見てみます。

↓クハ711-200番台、番号不明(忘れました)

Dsc06489

ATS標記が書き換えられてます。

↓731系と721系F-5001+F-1009のペア。

Dsc06488

↓新旧の並び。背景は気にしない。

Dsc06484

ちょっと変わったF-5001、せっかくなんで可能な限りディテール写真撮ってきました。どちらかと言うと車体より下回りが写ってなんぼ、露出はオーバー気味で撮影してます。

↓まずクハ721-5001(元クハ721-1005)から。ひきが取れないので半車で1枚撮影してます。

Dsc06491

Dsc06492

Dsc06493

↓モハ721-5001(2003年・川重製)。雪切室のルーバーが731系と同じ意匠ですね。

Dsc06494

Dsc06495   

Dsc06497

↓パン周り。

Dsc06498

Dsc06499

Dsc06501

↓クハ721-5002(元クハ721-2006)。

Dsc06502

Dsc06503

Dsc06504

Dsc06505

↓前面ステップ。左:クハ721-5002、右:クハ721-1009。

Dsc06507

向きが違います。ロットによって違うらしいですが、詳しくは?です。

次はF-1009。731系試作車のも言うべきこの編成、現状唯一のuシートクハが付いた編成でもあります。パッと見で判るので異端車として有名ですね。

↓クハ721-1009。

Dsc06506

↓モハ721-1009。

Dsc06511

Dsc06516

Dsc06517

Dsc06520   

↓パンタ周辺。都合良く上から撮れました。奥はモハ731です。

Dsc06508

↓この編成、改造で発電ブレーキから電力回生ブレーキに変更されており、発電ブレーキ用の抵抗が撤去されています。その撤去跡。なんだか生々しい(笑)

Dsc06529

最近更新改造を受けたF-2107やF-3123・3222はこの辺が綺麗に仕上げられてます。

↓位置確認用の真横からのカット。

Dsc06513

Dsc06514_2 

Dsc06515

↓クハ721-2009。

Dsc06522

Dsc06523 

Dsc06524

Dsc06525

↓F-3+F-10。こちらとはしばらく後に遭遇する事に。

Dsc06528

1988年製、もう新車から23年経つんですね。

初めて乗った時、内装の色と転換シート、加速の良さにたいそう驚いた記憶があります。

|

« 石炭列車の名脇役 | トップページ | 男2匹のぶらり旅(後篇) »

適当に集めた実車資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/51621357

この記事へのトラックバック一覧です: 男2匹のぶらり旅(前篇):

« 石炭列車の名脇役 | トップページ | 男2匹のぶらり旅(後篇) »