« 名古屋臨海鉄道 ND55216① | トップページ | 南国のキハ40 キハ140 2127 »

名古屋臨海鉄道 ND55216②

前回のボンネットに続き、台枠部分の組立です。

↓台枠部品。

Dsc07167

↓切り出します。強度的に厳しいので慎重に取り扱います。

Dsc07168

↓この部品も4つ切り出します。ステップの2段目になる部品です。

Dsc07172_2

ステップ部品が用意出来たら台枠を曲げていきます。

↓まずは側面部分を直角に起こし、端部をこのように処理します。

Dsc07170

ステップの後ろ側縦桟を写真のように折り込み、その後上部のステップを曲げます。

↓ステップ下段を曲げて

Dsc07171

↓先ほど切り出したステップ中段を差し込み、端梁を完全に曲げた状態で固定します。

Dsc07174

写真でも見えますが、この段階で折り曲げ部分の裏の角部に全てハンダを流しておきます。これでそれなりの強度が確保出来ます。

↓次に端梁のパーツを貼り重ねます。

Dsc07176

これ、少々問題がありまして…

↓仮合わせ状態です。

Dsc07177

ランボード前面の張り出し部分の逃げが確保されていない為、そのまま付けると外張りの部分全体が下にずれてしまいます。 テールライトの穴が内張りと外張りでずれているのがお判り頂けると思います。

↓そこで、パーツを切り欠いて逃げを作ります。

Dsc07178

上がそのまま、下が加工後。
高さ方向が0.5mmほど、幅が9.5mm切り欠きました。定規をしっかり押し当てた状態でカッターナイフを何度も滑らせて切断しています。

↓カットしたら、摺り合わせてハンダ付けします。

Dsc07182

↓次に出てくるのはこの部品。ランボード天板です。ぺらっぺらです。

Dsc07183

ぺらっぺらですがこれがあるとないとでは天と地ほど見た目に差が出ます。

↓正確に位置決めしてクリップで留め、ハンダを流します。

Dsc07184

手摺穴が6か所あるので、そこを基準に正確に合わせます。

これで台枠の基本形は出来ました。

↓動力と組み合わせてみます。このままですとカプラーが全く首を振りません。

Dsc07186

ここまで記述忘れてましたが、動力装置その他はKATOのDD13から持ってきます。最初に言えよって話なんですが…すっかり忘れてました(汗)

で、カプラーがこれではまずいので車体側に取り付けます。

↓今回の作例では幅5mmの角パイプを長さ4mm、高さ2mmに切り出してカプラー座としています。

Dsc07187

この辺りはキットでは考慮されてませんので、手持ちの材料で適当に作ります。

もちろん板材の積層でもOKです。

↓ こんな感じで取り付けました。

Dsc07188

↓適宜穴を開けてカプラーをネジ留めします。

Dsc07189

今回使用したのはKATOのEF66用ナックルカプラーです。余力があれば復元バネも欲しい所です。

↓こんな具合に出来ました。

Dsc07190

端梁の切り欠きが大きいので、もう少し何とかしたい所ですね。

↓カプラーの高さを確認します。

Dsc07191

↓テールライトも付けました。φ1,0真鍮パイプを植えています。

Dsc07192

次はデッキの手摺を付けます。

↓この部品です。ステンレス製ですが、かなり曲がりやすいので取り扱いに注意します。

Dsc07194

めっちゃくちゃ細いです。

↓適宜合わせて付けるだけなんですが、曲がってしまわないよう細心の注意を払います。

Dsc07195

↓ここまで出来ました。

Dsc07196

ここまで頑張れればもう少し。次はキャブです。   

|

« 名古屋臨海鉄道 ND55216① | トップページ | 南国のキハ40 キハ140 2127 »

kitcheN・苫小牧D5603ベース 名古屋臨海鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/52331631

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋臨海鉄道 ND55216②:

« 名古屋臨海鉄道 ND55216① | トップページ | 南国のキハ40 キハ140 2127 »