« 九州旅行記③ | トップページ | 名古屋臨海鉄道 ND55216① »

九州旅行記④

旅行記最終編です。

↓目が覚めると北海道に上陸してました。

099

たぶん江差近辺だと思います。寝る前とは進行方向が逆向きになってます。

↓五稜郭手前のカーブ。牽引機はED79です。

100

↓我らがDF200。帰ってきたーって感じがします。

101

↓EH500。道内ではこの界隈でしか見れません。

102

どーでもいいですが前期の方が好き。

↓春にここに来たものの、休日で機関車が1台もいなくてがっかりして帰りました。

103

↓ED79 50番台車。TOMIXから予告がありましたね。

104

こいつもここでしか見れません。

↓DD51。

105

五稜郭を後にして、あとは見慣れた景色の中を走って行きます。

↓大沼。

106

で、飽きてまたソファーで寝てしまいました(笑)

↓気が付けば登別です。

107

↓そろそろ朝ごはん。寝坊しなくて良かった~

1072

↓苫小牧運転所。

108

都合上、ここか南千歳で降りるのが一番効率がいいんですが…せっかくなんで札幌まで乗ります。

↓ウトナイ湖を取り損ねたの図。

109

↓帰ってきたどー

110

やっぱりこういう所が一番落ち着きますね。

最後の最後で優等車の通路だけでも覗いて来ます。

↓まず食堂車から。

116

↓厨房。

115

乗務員さんのご厚意で撮らせて頂きました。朝飯中にすみません(汗)

↓2号車のスロネ25。

112

↓輝けるA個室様。こっちが良かったんですが、切符争奪戦で負けました(苦笑)

113

↓スロネフ25。これだけ撮って退散。ヘタレです。

114

部屋に戻ると函館本線と合流、いよいよ札幌も近いです。

↓札幌機関区。

118

↓こちらではあまり見かけないタキ1000。

117

↓札幌貨物ターミナルです。

119

↓ツインの空き部屋があったので1枚。

120

やっぱり広いですね。

↓豊平川を渡ります。

121

↓苗穂運転所。キハ201がたむろしてます。

122

↓キハ141洗車中。

123

こいつら、意外と長生きしてますね。個体差も結構ありなかなか面白い一族です。
キットはあるもののなかなか作る機会がありません…

↓去年踏切事故に遭った789系。このクルマはフレームが逝ってるそうで…

124

↓この3台も事故後シートを掛けて置かれていましたが、とうとう解体線に。

125

事故当時後ろにいたこの3台、大丈夫そうに見えるんですが廃車だそうです。

↓今の解体線のヌシ、キハ183-501。

126

新形だと思ってた500番台車が廃車ですもんね。時の流れは早いものです。

↓色んなのが停まってます。

127 

しょっちゅう見に通う人の気持ちがわかる気はします。

↓とうとう札幌駅です。

128

↓ついたー

129

下車して先頭へ。

↓牽引機は1083+1100のペアでした。

133

↓流れ星。実は微妙にグラデーション掛かってます。ステンシルで吹いてるんでしょうね。

132

↓いつ見てもカッコいいです。青ガマファンです。はい。

131 

でも…ヘッドマークばっちい。北斗星とはまなすは構造が違って汚れにくいそうです。

↓この角度から眺める重連、イイ♪

133_2

↓食堂車のエンブレム。

134

↓ホームから出ていきます。ありがとう~

135

また、今度は最後尾に乗りたいですね。

重い荷物を引きずりながら来た道を戻りました。途中下車するのが勿体なかったもので…

今回で旅行記ラストです。お付き合いありがとうございましたm(__)m   

|

« 九州旅行記③ | トップページ | 名古屋臨海鉄道 ND55216① »

小ネタ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、初めて投稿させていただきます。
ブログを度々拝見させてもらっています。車両の製作、大変参考になります。引き続き北海道車両を中心とした。車両の作成をお願いします。
この度の旅行お疲れ様でした。写真を見るだけでも旅行をした気分にさせてもらいました。ありがとう御座います。ブログ楽しみにしています。

投稿: 江戸川区の鉄っちゃん。 | 2011年7月15日 (金) 19時11分

江戸川区の鉄っちゃん様

ご覧頂きましてありがとうございます。
写真が変だったり抜けてたりの上、記述に間違えも多いにも関わらずお楽しみ頂けたようで有難い限りです。
車両の作成ですが、仕事絡みで資格試験の勉強をしなければならなくなってしまい(全く割に合わないですが…(苦笑))なかなか進まない状況です。出来る限り車両も手掛けていきたいとは思っておりますが、気晴らしに出かけた旅行記等が多くなってしまいそうです。
製作記に比して内容が薄くなってはしまいますが、今後ともお付き合い頂けますと幸いです。

投稿: おまつ | 2011年7月15日 (金) 23時57分

管理人様、ご無沙汰です。トワイライトに乗車されたのですね。私も数回乗っていますが、一度だけ10時間遅れたことがありました。食堂車の臨時営業もなく、自販機も全て売り切れで、お茶と乾パンが支給されました。(まさに監禁状態)もちろん特急券は払い戻しました。
今度KATOから発売されますね

投稿: 富良野時間 | 2011年7月17日 (日) 19時48分

富良野時間様
返答が遅くなってしまいました。すみません。
数度とは羨ましいです。
今回、せめて1度だけと無理して乗りましたが、リピーターさんの気持ちがわかるような気はしましたね。
しかし10時間はきつい…寝ても潰せないですよね(汗)

投稿: おまつ | 2011年7月26日 (火) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/52174700

この記事へのトラックバック一覧です: 九州旅行記④:

« 九州旅行記③ | トップページ | 名古屋臨海鉄道 ND55216① »