« 九州旅行記② | トップページ | 九州旅行記④ »

九州旅行記③

さて、帰ります。

↓帰りはこれ。

050

いつかはと思っていましたが、いよいよその時が来ました。

↓不思議と緊張します。

051

↓ホームに降りると、すでに入線していました。

053

↓トワイライトエクスプレス様札幌行き。まぁ見るだけなら見慣れてますw

052

↓いよいよ乗り込みます。第2編成です。

055

↓今回のお部屋。シングルツインです。

057

荷物から解放された所でブラつきます。

↓順番がアレですが…乗車したオハネ25 524の客室入り口。

056

↓一旦降りて対向ホームへ。青森までの牽引機、EF81 104。

058

↓再び乗り込んだ所で発車。

060

↓またゆっくり来たいですね。

061

網干総合車両所でしょうか京都総合運転所だそうです。通勤電車いっぱい。

062

またまた、今度は地元の方からお知らせ頂きました。吹田工場高槻派出所(で合ってるでしょうか。自信なし…)だそうです。

それだけ配置区の統廃合が複雑にあるってコトなんでしょうね…

↓しばらく走って京都着。

064

↓京都を出て少しすると琵琶湖畔に出ます。

065

この辺でお昼ご飯の案内放送が流れます。

↓ということで食堂車へ。

068

069

↓若干迷いつつもカレーライスを注文。

070

おいしくいただきました。

↓クモハ125。

071_2

↓福井駅にて、タラコ色のキハ120。 

072

↓京福の電車。

073

↓この辺りでおやつの販売に来ました。

074

これだけで600円なんですが…満足度はプライスレス。

↓金沢に停車。3分停まるとのことなので車外へ。

075

↓いつの間にかエンブレムが変わってるんですね。

076

で、金沢を発車して間もなく。

↓新車ですかね。こういうのは初めて見ました。

077

↓EF510。

078

↓そんなこんなで高岡です。

080

↓大目玉のクハ455だ!と思いつつシャッターを切るものの、串刺しです。

082

↓しばらく走って富山駅。キハ120のラッピング車がいました。

084

↓発車後間もなく、富山地方鉄道の車庫が見えます。

085

↓ここいらで立山連峰が見えるそうですが、あいにく曇りでした。

086

↓海が見えてきました。が…こりゃ夕日は期待できませんね。

087

↓しばらく走ると直江津に到着。西日本エリア終了です。

088

↓で、東日本エリア突入。115系が来ました。

089

↓こっちは長野色。

090

↓駅外れの留置線に何故か京葉仕様の205系が。廃車なんですかね。

091

↓反対側にはEF81-500がいました。

092

18時も過ぎましたんで晩ご飯にします。

↓これ。ディナーの予約もしてなかったので(お一人様ですから…)車内で注文できる弁当です。お値段1500円也。

093

16時ちょっと過ぎに部屋まで届けてくれます。

良くある幕の内弁当のちょい豪華版ですが、ブタの角煮がめちゃくちゃ美味かったです。もちろんその他もね。一人乗車ならこっちの方がいい気がします。

食後、日もすっかり暮れてまったりモード。

↓こんな感じなんで写真は撮れません。

094

↓ぼけ~

095

完全照明OFFにして(個室だから出来るんですね。新鮮です)しばらく外を眺めてました。

しばらくウトウトした後にもぞもぞと部屋を出て、再び食堂へ。

↓お夜食です。微妙に時間早いですけど。

096

ビーフピラフとから揚げ。普段は殆ど飲まないんですが、たまには一杯。

ビーフピラフ?と思いながら注文したんですが、コレ好きです。そのうち自分でも作ってみようかしら。

↓食堂で飲んでるうちに酒田駅停車。

097

部屋に戻ってしばらく海岸線を眺めた後は寝ました。上段のベッドはさすがに狭いです。で、窓がありません。下段もソファーベッドになっているのでこっちで寝た方がラクかも。

まぁ今回はせっかくの上段なんで使います。寝台車に乗ってる実感湧きますしね。

青森あたりで一回起きたい所ですが、たぶん無理でしょう(汗)さらば本州。

あんまりにも長いんでここで切ります。

|

« 九州旅行記② | トップページ | 九州旅行記④ »

小ネタ」カテゴリの記事

コメント

初めまして、いつもハイレベルな加工を拝見しています。
トワイに乗られたのですね、羨ましいです。
写真の車両区は京都到着10分前位なら、京都総合運転所ではないかと思います。
少し前までは「はまかぜ」や「雷鳥」がいたと思います。

国鉄時代の北海道が大好きで、参考にさせて頂ければ…と思いますが、レベルが高すぎて私にはツライです。

素晴らしい作品の製作記を、楽しみにしています。

投稿: ボン白鳥好き | 2011年7月 8日 (金) 20時36分

トワイライトって
いつから姫路方面へ走ってから京都へ向かうようになったんだろ?
あのクラは網干でなくて高槻だな。うむ。

更には
金沢を出たはずなのにまた福井ですかい?


指摘厨も疲れますわw

投稿: ひだちゃん | 2011年7月 8日 (金) 23時52分

ボン白鳥好き様
ご覧頂きましてありがとうございます。
仰る通り、京都へ到着の10分ほど前に通過しました。後で修正入れておきます(汗)
国鉄時代、いいですよね♪基幹形式が市販の完成品で一揃いするようになったので、ディテール加工等で色々凝った加工が出来るようになったのは嬉しい限りです。

投稿: おまつ | 2011年7月 9日 (土) 03時15分

ひだちゃん様
ご指摘の箇所訂正させて頂きました。
大変申し訳ございません。

投稿: おまつ | 2011年7月 9日 (土) 03時21分

ありゃりゃ
やっぱ
大ムコ→京ムコ→京キト
でしたか?

背景が山だったんでもしかして?
とは思ったんだが…


腹捌いてスリムになってきますorz


で?模型制作取材を兼ねての乗車だったんだよね?

投稿: ひだちゃん | 2011年7月 9日 (土) 12時04分

ひだちゃん様
そうらしいです。土地勘ない、配置車両のラインナップわからん、ググっても?マークいっぱいってことで網干ということにしましたが見事にハズレ(汗)
取材…初めて見る物のオンパレードでそれ所じゃなかったです。あー本物の381だぁとか(笑)

投稿: おまつ | 2011年7月11日 (月) 02時19分

初めまして、いつも楽しく拝見させて頂いてます。
183系お座敷の加工の際には非常に参考にさせていただきました。


どうでも良いことなのですが、車庫の画像は高槻だと思われます。
札幌行きに乗車した場合、向日町は進行方向右手に本線を3本挟んで敷地が広がります。

対して高槻は進行方向左手に本線を挟まない形で広がります。
留置車両も通勤型ばかりな上に、左端に2本の205系がいることから間違いないと思います。

向日町の近くに住んでるので、少し気になりまして、ほんとうにどうでもいい内容でごめんなさい。

投稿: さくらや | 2011年7月18日 (月) 02時21分

さくらや様
ご覧頂きありがとうございます。お返事が遅くなってしまい申し訳ございません。
何と…あの電留線の写真、かなり鬼門になってしまいました(笑)
通過した際の様子から、さくらや様が正解で間違いないようです。ご教授ありがとうございます。再度訂正させて頂きました。
こんな調子ですが、今後ともお付き合いお願い致しますm(__)m

投稿: おまつ | 2011年7月26日 (火) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/52149584

この記事へのトラックバック一覧です: 九州旅行記③:

« 九州旅行記② | トップページ | 九州旅行記④ »