« 南国のキハ40 キハ40 8097・8099② | トップページ | キハ160で遊んでみる⑦ »

四国の団体用キハ58を作ってみよう

さてさて、なかなかの今度はハイペース更新ですよ♪

↓次に引っ張り出して来たのはこいつ。

Dsc08516

TOMIXのキハ58 400です。既に色剥ぎしてあります。いつやったんでしょう?

何にしようとしたかも今となっては謎です。去年は殆ど塗り分けを伴う塗装をしてないので、練習台にします。きじ馬号でもやってやろうかと思いましたが、余りにもヘビーなんでパス。かつてKATOから出ていた団臨塗装車に仕立てることにします。

波模様がチャーミングな577番を作る事にしますが、製品とは若干仕様が違うのでその辺りから手を入れます。

↓ノーマルのお顔。

Dsc08517

↓タイフォン部分をφ1.6でくり抜きます。この部分は先にやった40と同じく、TOMIX製キハ40の付属品から暖地用(大)を持ってきます。

Dsc08518

↓テールライト形状も違いますので、内ばめ式にします。こちらはキハ56のジャンクボディから持ってきました。

Dsc08519

ちゃっかり標識灯掛けも変えてます。テールライトは最近になってトレジャータウンから製品化されてますので、こちらを利用した方が簡単に出来そうです。

ジャンパーケーブルの類いも取り付けました。

↓ドアです。

Dsc08520

↓4か所共、下部の丸窓は埋めてしまいます。

Dsc08521

↓こんなものを取り出して

Dsc08522

↓便所部分下に取り付けます。

Dsc08523

これで車体の加工は完了です。洗浄後、塗装作業に入ります。

↓下塗り。いつものベースホワイトです。

Dsc08548

↓1色目のクリーム色。

Dsc08549

↓濃淡ブルーのストライプも入りました。

Dsc08550

斜めに立ち上がう部分は隅にRが付きます。これがなかなか難しい…

↓前面は細かいマスキングを頑張ります。

Dsc08552

今回は濃い青の部分、若干ジャギーが掛かったような仕上がりになってしまいました。

さてさて、今回一番難しい波模様の塗装です。インレタやデカールにすれば簡単ですが、敢えて塗装で仕上げます。

↓今回使ったマスキングテープ。形状を決めるのに相当な時間掛けてます。

Dsc08553

↓1つ目は何とか成功です。

Dsc08554

↓全く同じ要領でひたすら頑張って4つ。

Dsc08555

↓揃ってますね。ここがずれたらジャンク箱行き…うまく行って良かったです。

Dsc08558

もちろん、反対側も同じように塗装します。

↓終わったら残りの手摺を取り付けます。

Dsc08559

↓標記類を入れてクリアラッカーを吹きます。

Dsc08565

↓便所窓が乳白色でしたので、ガラスに塗装します。

Dsc08562

↓組立てて完成です♪

Dsc08566

↓ここからは完成写真です。

Dsc08567

Dsc08568

Dsc08569

Dsc08570

Dsc08571

Dsc08573

Dsc08572

おしまい♪      

|

« 南国のキハ40 キハ40 8097・8099② | トップページ | キハ160で遊んでみる⑦ »

TOMIX・キハ58の改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/54086839

この記事へのトラックバック一覧です: 四国の団体用キハ58を作ってみよう:

« 南国のキハ40 キハ40 8097・8099② | トップページ | キハ160で遊んでみる⑦ »