« 四国の団体用キハ58を作ってみよう | トップページ | TOMIX・旭山動物園号インプレッション »

キハ160で遊んでみる⑦

どうもです。
160、前回はいつ触ったかなーなんて思いつつ、過去の履歴を見てみると…

2010年1月19日。放置期間2年超えました。もはや何も言えねぇw

挫折の元になった照明関係から手を付けていきます。

↓せっかく作った室内灯の導光材ですが、一旦バラバラに。

001

↓で、床上にこんな物をこしらえます。

002

↓で、こうなります。

003

最初の構想から比べると随分普通の構造になりましたが、先々メンテ等まで考えるとこれが正解な気もします。

室内灯に関してはこれで解決です。

次はヘッドライト。

↓ライトケースです。これまた随分と普通。

004

光漏れ防止の為、そこそこの精度は必要となります。

↓こんな具合で車体に嵌り込みます。

005

↓外から見た感じ。違和感こそありませんが、運転台のパネルと仕切りぐらいは追加したい所ですね。

006

↓改めてこしらえたヘッド/テールライト基板。

007

↓以前と違い、配置に無理がなくなりました。

008

スプリングがフレームの導電板と接触する構造です。

↓アクリル削り出しのライトレンズ。

009

↓取付状態。

010

レンズ上部からLEDで照射する格好です。

↓前面。ライト穴周辺の塗膜が…

011

↓点灯試験。まだレンズに反射パターンを彫ってないのでまだ暗いです。

012    

↓テールライト。こちらは赤色LED直射なので明るすぎます。

013

CRDの容量を落とすか、減光用の板を挟むかはこれから考えます。

照明をスマートに収めること自体はそこそこうまく行きました。ようやく出口が見えた気がします。

|

« 四国の団体用キハ58を作ってみよう | トップページ | TOMIX・旭山動物園号インプレッション »

kitcheN・キハ160の製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/54317420

この記事へのトラックバック一覧です: キハ160で遊んでみる⑦:

« 四国の団体用キハ58を作ってみよう | トップページ | TOMIX・旭山動物園号インプレッション »