« 黄色いボディのニクいやつ⑤ | トップページ | 1日散歩のたび »

黄色いボディのニクいやつ⑥

今日、また「北斗」のキハ183系が火災だそうで…寄る年並みには勝てないって事でしょうかね。そう長くはないんでしょうが、最後まで健康体で活躍してくれる事を祈るばかりです。

さて、相鉄モヤは車体の最後の加工箇所、ライトユニットの製作に入りました。

↓ライトケースをこしらえました。

1

固定の関係上、運転席仕切り部分も一体で作る事になりました。

↓動力ユニットに合わせてみます。

2

↓裏側から。極力隙間が出来ないように作りました。

3

↓車体に取り付けてみます。

4

前側は前面裏の段差に、後ろ側は天井に付けたツメで保持しています。

↓外側から。隙間があると盛大に光漏れしますので、慎重に摺り合わせました。

5

それでも光漏れゼロは厳しいものがあります…

↓横から。

6

構造上、乗務員扉窓から見えてしまいますので、なるべくすっきり見えるように留意しました。

↓ライト基板を作ります。

7

15mACRDを介して電球色LED2発を直列で点灯する、シンプルな回路です。

左下の少し違うのは試作です。

↓点灯試験の図。結構な輝度です。

9

↓ライトケースに収めてみました。

8

前方の張り出し部分に挽物のヘッドライトとレンズのお尻が入り込んでくるように作ってあります。導高効率が極端に悪い為、LED2発で半ば無理矢理照度を確保する構造です。

市販完成品と同じようなプリズムを自在に作れれば苦労しないんですが…

↓このように、動力装置の導電部分が基板のスプリングに接触して給電される構造です。

10

但し、トレーラーの床板車端側を同じ構造に改造する必要があります。

↓車体と組み合わせての点灯試験。合格です。

11

テールも付けたい所ですが、このキットのテールランプはロスト一体なので大人しくあきらめました。

次はトレーラー用床板でライトユニットへ給電する為の改造と、いよいよ最後の大物、下回りです。

|

« 黄色いボディのニクいやつ⑤ | トップページ | 1日散歩のたび »

イエロートレイン・相鉄モヤ700」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

本当綺麗に作りますね。
私のは結構エイ!ヤー!で点灯させてるので少し反省・・・
(´Д`。)
今作っているキハ21のライトユニット製作部分があるので参考になりました。

投稿: Hide | 2013年7月 7日 (日) 06時57分

Hide様

大変ご無沙汰しておりますm(__)m
いえいえ…ヘッドライトのみなので何とかまとめられました。こういう電飾モノをサクサクと作れる人が本当に羨ましい…なんとか失敗しないように頑張ります(汗)

投稿: おまつ | 2013年7月 8日 (月) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/57736578

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色いボディのニクいやつ⑥:

« 黄色いボディのニクいやつ⑤ | トップページ | 1日散歩のたび »