« KATO 急行「ニセコ」をいじってみる | トップページ | キハ80系「おおぞら」② »

キハ80系「おおぞら」①

先日の「ニセコ」に次いで、今度は特急「おおぞら」です。

購入依頼ずーっと死蔵していたKATOのリニューアル品初期ロットをベースに、昭和40年代中頃をイメージして製作する事にします。本当は13連と行きたい所ですが、依頼頂いた9連の加工のついでですので7連で我慢です。

↓食堂車2種。

001

上がおなじみキシ80、下がはつかり号セットのばら売りでゲットしたキサシ80です。
今回のお目立ちポイントとして、こいつからキシ80 900番台を仕立てたいと思います。

簡単簡単…と思いきや、意外と大変です。

↓最初に非公式側の加工から。

002

まず一番右の食堂窓を埋め、そこに喫煙室用の窓を開けます。この窓は、キシ80の同一箇所の窓と同じ大きさにしました。

その下に、食堂と調理室間窓柱上部にあるルーバーの高さを詰めた上、埋め込みます。
手持ちのエッチングパーツに似たものがないかと探しましたが見つからなかった為、この方法を採りました。

もちろん、ルーバーを切り出した跡は埋めておきます。

↓窓部分のアップ。

003

次は公式側。

↓一番左側の窓を埋めます。

004

こちらは埋めるだけ。

↓物置部分にHゴム支持の窓が追加されていますので付けます。

006

t0.15プラベーパーをHゴム外周の大きさ、形状に切り出して貼り付け

↓慎重に窓穴を開けます。

005

以前製作したキハ12のトイレ窓と全く同じ手法です。

ただ今回、丸窓がすぐ隣なのでガラスにモールドされたHゴムとの感じの違いが顕著に出てしまうかもしれません。

↓忘れちゃいけない給水口。

007

該当箇所にφ1.5の穴を開け、プラ棒で作ってます。

キハ80等のジャンクボディがあれば外板ごと移植した方がラクです。

↓ここまでの状態。

008 

このままですと食堂用クーラーの位置がおかしいので移設します。

↓キシ80と並べた所。真ん中2つのクーラーの距離をキシに合わせて詰めます。

009

クーラーの取り付け部分がわずかに凹んでいるので、仕上げの手間を軽減する為にクーラーを移動せずに屋根そのものを切り継ぎました。

↓仕上げるとこんな感じ。

010

↓途中で排気管がない事に気づき、ジャンク品の屋根から移植してあります。

011

0番台車と違い、排気管はキハ80同様の位置に付きます。

↓一通り加工が終わりました。0番台車と並べてみます。

012

↓次は下回り。キハ80の下回りにキサシの内装を組み合わせてます。

013

ほとんどポン付け…と思いきや、手持ちのキハ80だと合いそうで合いませんでした。

ですので、取り付け爪を無視してビス止めしてあります。

↓車体をかぶせてみます。それっぽくなってきました。

014

015

↓下塗りしました。

016

017

塗装前に急遽水タンク用の給水口ハッチ(窓埋め箇所の下部)を追加しました。0番台車の同部分のモールドを参考に自作してます。   

また、非公式側の調理室寄りのサボ受けを車端に移設する作業を行いました。

これでキシ80 900の加工は完了です。

↓キハ80が3両。

018

↓うち1台は変化を付けるべく、サボ受けの類を移動しました。

019

キハ80 58まではこの配置です。もっとも、後年移設されたクルマもいるようですので一概には言えませんが…ちなみに、屋上の客室からデッキに伸びるダクトも本来このロットにはありませんでしたが後年に追加装備されています。

たった今気づきましたが、キハ80を給水口のない「はつかり」用お下がりの1~12にしてやればキシの給水口で苦労せずに済みましたね。今さらですが…

↓キロの連絡船無線アンテナとその配管。

020

車掌室直上のアンテナから降りて来る配管、どうもこういったカーブはしていないようです。 錯覚でこんな風にしてしまいました。

↓キハ82の先頭部。

021

キハ82 71までの、タイフォン上に標識灯掛けを追加した車輛をプロトタイプにしています。屋根とオデコの間の隙間が嫌いなので、埋めて仕上げてあります。が…手間の割に効果が地味なのであまりお勧めは出来ません(汗)

タブレット保護網はキッチン製です。道内のキハ82では必須装備ですので是非ご注文を(笑)

次は順次塗装に入っていきます。

↓一番色合わせがシビアなキハ80、クリーム4号から。

023

調色に苦労した甲斐あって、部分塗装でも違和感はありません。

↓今回の本丸、キシ80 900。

022

↓キハ82の加工箇所も塗りました。

024

↓次は屋根です。こちらは何も考えず普通のシルバーです。

025

最近ではシルバーの塗料も各種ありますが、このクルマには昔ながらの少し粗めのシルバーの方が雰囲気に合いますのでそうしています。

↓キハ82の加工部分。イマイチ判りません。

026

↓次は赤2号です。ヒィヒィ言いながら調色してこの通り。

027

ホッと胸を撫で回…下ろす瞬間です。

↓キシ80も塗れました。

028

↓キハ82との比較。大丈夫そうです。

029

この後、先頭部の加工で消えてしまったキハ82の先頭部雨樋の修正や妻面裾の塗装等を行って、基本の塗装は完了です。

完成品ベースの編成モノは色合わせがシビアで疲れます…

|

« KATO 急行「ニセコ」をいじってみる | トップページ | キハ80系「おおぞら」② »

KATO・キハ82系改「おおぞら」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/58632531

この記事へのトラックバック一覧です: キハ80系「おおぞら」①:

« KATO 急行「ニセコ」をいじってみる | トップページ | キハ80系「おおぞら」② »