« 東京に行って来ました | トップページ | キハ80系「おおぞら」① »

KATO 急行「ニセコ」をいじってみる

今回はKATOの急行「ニセコ」です。

あまり肩肘張らず、ウェザリング等の小加工という事で進めていきます。凝ったら面白いんですが、いつまで経っても完成しない気がしますので…。

↓基本、増結の計12両。色々入ってます。

Dsc02469

各車については色々な所で紹介されてますので割愛します。

↓で、ひたすらバラします。

Dsc02470

荷物車をはじめ、各車仕様が異なりますので早速何が何だか解らない状態になってます。

↓編成端に来る(テールライト点灯)3台の妻面のみ手摺を付けました

Dsc02471

左からマニ36 2114、オユ10 2038、スハフ44 26です。

↓汚しの準備です。各部品をひたすら洗浄します。

Dsc02473

床板と台車は一旦クレンザーで研磨した後に中性洗剤で洗ってます。

↓下回りを一気に錆色で汚します。

Dsc02474

本来であれば、床板と台車を1両分ずつ組んだ状態で汚すべきですが、数を一気にこなす為にこんな具合で行いました。

どうしても床板と台車にトーンの差が出てきますので、組み付け後に若干修正を入れる事としました。

↓屋根の塗装。

Dsc02475

ベンチレーターと鋼板屋根車の屋根板はねずみ色1号、布屋根車の屋根板はクレオスのジャーマングレーにフラットベースを多めに入れたもので塗装しました。

↓ベンチレーターの取り付け

Dsc02476

数が多いので疲れます。

↓内装の塗装も並行して行います。

Dsc02477

スロのシートカバー含めて気合の筆塗りです。

↓屋根と車体を組み合わせてウェザリング、そのまま組み付け作業を行います。

Dsc02478

航送車と道内のクルマで電化区間の走行距離が違いますので、汚しのニュアンスを変えてあります。   

今回の作業はこれだけです。

お次は各車の紹介です。

↓マニ36 2114

Dsc02483

Dsc02484

↓マニ60 2639

Dsc02485

Dsc02486

↓オユ10 2038

Dsc02487

Dsc02488

↓マニ60 2620

Dsc02489

Dsc02490

↓スユ13 2018

Dsc02491

Dsc02492

↓スハフ44 24

Dsc02493

Dsc02494

↓スロ62 501

Dsc02495

Dsc02496

↓スハ45 45

Dsc02497

Dsc02498

↓スハ45 51

Dsc02499

Dsc02500

↓スハ45 40

Dsc02501

Dsc02502

↓スハ45 49

Dsc02503

Dsc02504

↓スハフ44 26

Dsc02505

Dsc02506

↓そして今回の牽引機はDD51の重連です。

Dsc02513

Dsc02514

こちらも特に手を入れず、ウェザリングのみです。

これだけの加工でも見違えて雰囲気が良くなりますので、レイアウトを走行させる機会の多い方にはお勧めです。是非皆さんをお試し下さい♪

|

« 東京に行って来ました | トップページ | キハ80系「おおぞら」① »

製品の軽加工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/58614755

この記事へのトラックバック一覧です: KATO 急行「ニセコ」をいじってみる:

« 東京に行って来ました | トップページ | キハ80系「おおぞら」① »