« キハ40 807 イカ列車 | トップページ | マヤ50 5001を作ろう② »

マヤ50 5001を作ろう①

関東では30cmクラスの大雪だそうで…札幌近郊でも30cmは辛いですよ。事故にはくれぐれもお気を付け下さい。基本すり足で歩くのが転ばないポイントです。

さて、前回の予告通りの変わったヤツです。

↓これ。

001

マイクロから製品化されやしないかビクビクしてましたが、その気配はなさそうです。

これを現行仕様のマヤ50 5001に改造します。たぶん大変…というかこの記事を書く前に相当迷走しました。

↓中身。

002 

TOMIXのオハフ50を芯にして外板のみ貼り付ける構造です。

従って、非常に薄い洋白エッチング板となっています。

↓種車のオハフ50。

003

用途は車体の芯になるだけですので、旧製品で十分です。

↓車体のみにしてエッチング板と並べてみます。

004

すっかり姿形が変わってしまっています。

じつはここに至る前、キットを使わずオハフ50の改造で何とかしようとしましたが、エッチング外板を改造した方がラクという結論に至りました(汗)

↓車体部分を切り出します。

005

ここから、スヤ→マヤ化の改造を順次行います。

↓まずここ。

006

機器搬入口のある側の側面の右手にあるHゴム窓のHゴム部を削り取ります。

↓次に元の便所窓も同様に処理します。

007_2

↓上の写真で判る通り、ルーバーがヘナヘナなので一旦撤去します。

008

後ほどプラ製のパーツを作成してはめ込む事にしましょう。

↓先の便所窓をルーバーにする為、フチを付け直します。

009

材料はt0.1の洋白ですが、もちろん真鍮の方が加工しやすいです。

↓最初に加工した窓も一旦板で塞ぎます。

010

↓裏打ちし、このような形状に抜きます。

011

上段がHゴム窓、下段がルーバーになります。

Hゴムも貼り付けで表現したい所ですが、うるさくなりそうなので後ほどの塗装で表現する事にします。

↓次は機器搬入口。このままだと繋がっているのがバレバレで格好悪いので

012

↓一旦取っ払ってしまいます。

013

もちろん外したフタは取っておきます。

↓最後に、両サイド5か所ずつ、縦方向にレンズ状のものが追加されていますので取付穴を開けます。φ0.9で開けましたが、もう一回り小さくても良いかもしれません。

014 

ずれると非常に格好悪いので、位置決めは慎重に…

↓これで平板のうちにやっておく改造は終わりです。

015

こんな薄いエッチング板を改造なんて…と思いつつやりましたが、案外何とかなります。

少なくとも種車の窓埋めと開け直しを繰り返すよりはラクです(笑)

↓慎重にじわじわと曲げていきます。

016

この段階ではねじれがないかチェックしておきます。

↓下ごしらえ中のオハフ50。

017

窓が繋がっているのは上記の迷走の爪跡です。

とりあえずは側面をフラットに削っておきます。

↓削った車体を合わせてフィッティングを見ます。

018

妙な傾き等がないか確認しましょう。

↓ここで種車の顔部分を切断します。

019

現物合わせでざっくり行ってます。

↓こんな具合で組み合わせられます。

020

フィッティングを確認して、エッチング板の折り目や継ぎ目にハンダを流しておきました。

↓検測装置のエッチング板。

021

ハンダで付けられるものは付けておきたいので、車体を形にする前に検測装置を付けてしまう事にしました。

↓ひたすら切り出して組立て…

022

…と思いましたがワケが判らなくなりそうだったのでこの方法はこれでやめて

↓切り出した順に組立、取り付けまでやってしまう事にしました。

023

形状とエッチングの具合の関係で、若干合いが良くない印象ですが頑張ります。

今回はここまでです。

 

癒しのおまけ。

Ca3h0450

今週、わんこがウチにやってきます。

|

« キハ40 807 イカ列車 | トップページ | マヤ50 5001を作ろう② »

宮沢模型・スヤ50改 マヤ50 5001」カテゴリの記事

コメント

相変わらずの凄腕工作、楽しく拝見させて頂いております。
にしても検測装置までエッチングは厳しいですね。
せめてレジンだとまだ楽なんですが(苦笑)。

で、このわんこの名前が「マヤ」だの「ハネ」だの「すずらん」だの「まりも」などと付けられる訳ですね 分かります。
※是非「0655」にご出演下さいませw

投稿: JGAA | 2014年2月12日 (水) 17時55分

お世話になります。
私が言うのも何ですが^^;すごい楽しみにしてました。
そして改めて・・・なんて拷問のようなキットなんでしょうか。
見ているだけで検測機器を作るだけでも発狂してしまいそうです。

それはさておき、ワンコ来るんですか!!!
是非UP期待してます。

投稿: たかヤン | 2014年2月13日 (木) 01時21分

JGAA様

いつもありがとうございますm(_ _)m
検測装置のエッチング板を初めてみた時は「うぇぇ…」となりましたが組んでみれば意外とイケるもんです。寸法だけ取ってクリアレジンで量産も考えましたが、それはそれで大変なので諦めました。

わんこの名前、先週嫁さんが私の実家に顔出した時に「北斗」とか「おおぞら」でしょー?と冷やかされたようですw
ちなみに「タマ」になりました。

ちなみに「0655」って何でしょう…?

投稿: おまつ | 2014年2月13日 (木) 12時55分

たかヤン様

すっかりお待たせしてしまってすみませんm(_ _)m
こう見えても、エッチング板を指定通り曲げて止めて行くだけの作業なのでそこまでキツくはないですよ♪
説明書の「初心者の方でも簡単に完成出来ます」の一文にはさすがに面食らいましたが(笑)
これからはちょこちょこわんこを絡めてアップすると思います♪

投稿: おまつ | 2014年2月13日 (木) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/59102519

この記事へのトラックバック一覧です: マヤ50 5001を作ろう①:

« キハ40 807 イカ列車 | トップページ | マヤ50 5001を作ろう② »