« HO・C62 49号機① | トップページ | HO・C62 49号機③ »

HO・C62 49号機②

次はボイラー周りに手を付けていきます。

↓まず煙室扉から。ヘッドライトを珊瑚のLP403に変更しました。

001

前回の42号機同様の作業です。ヘッドライト基板は42号機製作時に2枚作ってありますので最後にビス止めするだけです。

↓キャブ内に椅子を付けました。

002

前回はキャブ妻板を一旦外しましたが、使用するコテを変えることでそのまま取り付けました。

↓元からついていたへろへろの空気作用管を撤去します。

003

動力逆転機とドーム前ステップ、手摺類は後の配管作業の邪魔になるので一旦取り外しました。

↓発電機周り。こちらも一部を残して配管を撤去します。

004

↓あたらしい作用管を作りました。

005

前回の42号機の倍ぐらいややっこしいです(笑)

↓取り付けます。

006

↓発電機周りの配管をやり直しました。

007_2

49号機そのものの上から撮った写真は見当たらなかったので、他機も参考にメイン、ATS各々吸排気、ドレン、電線管を引いています。

清缶剤送入装置は一旦撤去しました。

↓で、新しい清缶剤送入装置です。金岡製です。

008

ランボードに乗せて終わり♪とは行きませんでした…
だいぶ簡略化して表現しましたが、それでもここの配管が一番大変だったかも…

1526228756399

何とかそれらしくでっち上げてます。完全に作ろうとすると相当しんどい作業になりそうです…

↓次は従台車に付けた速度検出装置、今度はキャブ側の部品を取り付けます。

010

↓先に外してあった動力逆転機、手摺や加減弁ロッドを復元します。

011

↓区名札差しと銘板は今回塗りつぶしですので、ハンダであらかじめ付けてしまいました。

012

↓洗浄に入ります。

013

↓乾燥したら塗装します。前回同様いさみやの黒プライマーです。

014

↓塗り上がりました。

015

↓ヒィヒィ言いながらの配管、塗ってしまえばいい感じです♪

016

↓椅子とキャブ内壁は薄緑色で塗り分けてあります。

017

但し、インレタが品切れでボイラーはこれ以上進められません(汗)

↓次は常磐仕様の特徴、テンダーの目印?を入れていきます。

018

線はグリーンマックスのインレタの余り、文字はくろま屋の定員標記の数字を拾って転写しました。転写後、艶消しクリアで保護しています。

↓ウェザリングブラックを擦り込みながら組み上げていきます。

019

↓架線注意プレート、ステップの警戒板を取付け、点灯試験を行いました。

020

021

ナンバーが付いてないのにはワケがありまして…1枚紛失してしまったようで、新たに手配中なのです…

点灯自体は問題ありませんでした。

ナンバープレートとインレタを待つ間、ヘッドマークに手を入れます。

↓おそらくモリヤ製のヘッドマークです。

022

フックが追加してありましたが、せっかくなので綺麗に作り直します。

↓マーク裏側のメッキを剥いで帯材を半田付け、黒で塗装しました。

023

↓いい感じです。

024

ちなみに「はと」は前回の42号機用です。

次回はボイラーを仕上げて完成まで持っていきます。

|

« HO・C62 49号機① | トップページ | HO・C62 49号機③ »

モデルパシフィック C62の加工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/66717551

この記事へのトラックバック一覧です: HO・C62 49号機②:

« HO・C62 49号機① | トップページ | HO・C62 49号機③ »