« U-TRAINS キハ40キットを組んでみます① | トップページ

U-TRAINS キハ40キットを組んでみます②

前回は1700番台の車体生地まで終わりました。続いて、700番台の車体を仕上げていきます。

↓700番台の方にはこれを付けることにします。

Dsc01827_1280x853

モデル倶楽部のキハ40用パノラミック窓セットです。

↓中身。これにジャンパ栓凹み用の真鍮部品が付きます。

Dsc01828_1280x853

アクリルの削り出しで、フロントガラスと方向幕、運転席側面Hゴム窓とキハ40用、48用のトイレ窓が入っています。

↓まず貫通扉と方向幕から合わせてみました。

Dsc01830_1280x853

貫通ドアは真鍮板から新製、エコーのドアノブを組み合わせています。

↓裏側。

Dsc01831_1280x853

当然開閉機構はありません。ギミックより見た目を優先しました。

↓ここで車体と前面を接合しました。

Dsc01832_1280x853

ロストで細部まで表現されている分、合いの調整のしやすさはプレス顔に一歩劣ります。

次はフロントガラスです。

↓こんな感じで組み立てます。

Dsc01829_1280x853

コーナー部分のHゴムが別パーツになっているので、接着して削り出します。

ちなみに現在発売されているものはこの作業は必要なく、全て一体で削り出されているとのことです。

↓前面の窓部分を削って調整、ガラスを合わせてみます。

Dsc01834_1280x853

おおよそいい具合です。コーナーHゴムの張り出しが大きめですが、ガラス装着の段で改めて調整することにします。

↓運転席側面の窓も。こちらは割合い合わせやすいです。

Dsc01836_1280x853

ガラスはこのまま保管しておきます。

↓元の穴を埋め、列車無線アンテナを移設しました。

Dsc02208_1280x853

位置を後退させ、助手席側へ1mm強オフセットさせています。
信号炎管はエコーのものに交換しました。

↓タブレットキャッチャーの取付ボルトの表現の為、真鍮線を植えました。

Dsc02210_1280x853

100番台のキットにスピーカー付けた方が早くね?と思った方、正解です(笑)
このキット、現行の旭川配置車にしかならない仕様なので他区の仕様にしようとすると色々手間が掛かります。

↓とりあえず、2台とも車体は生地完成まで持っていけました。

Dsc02211_1280x853

700番台の渡り板については洗浄後にエコーのホワイトメタル製を接着します。

次は下回りにかかっていきますが…製作中の写真が殆どありません。パーツ多すぎていっぱいいっぱいでした(笑)

↓スカートはこんな感じです。

Dsc02215_1280x853

素組で、位置決めなしでここまで持っていけます。擦り合わせの作業がないのが素晴らしい。

↓こんな調子で床下も2両分、1日で組めました。

Dsc02216_1280x853

1700番台については両軸駆動にもコンバート出来るよう、プロペラシャフトが通る位置をざっくり切除してます。ちょっと勿体ないですが…

↓車体と仮組みしてみます。良い感じです♪

Dsc02218_1280x853

↓モーター、ギアユニットをぶら下げてみました。

Dsc02219_1280x853

モーターがオフセットして搭載されるので、従台車側も駆動させるのには通常のシャフトは使用できません。シリコンチューブとドリルロッドを組み合わせるのが妥当な所でしょうか。

↓逐次塗装に入っていきます。とりあえず700番台の床下を塗ってみました。

Dsc02220_1280x853

床下は灰色の1990年代の仕様に仕立てます。

とりあえず今回はここまで、他もどんどん塗っていきます。

Dsc02434_1280x853

|

« U-TRAINS キハ40キットを組んでみます① | トップページ

U-TRAINS・キハ40キットの組立」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504858/67226507

この記事へのトラックバック一覧です: U-TRAINS キハ40キットを組んでみます②:

« U-TRAINS キハ40キットを組んでみます① | トップページ