カテゴリー「小ネタ」の記事

京都へ行ってきました②

さて、ホテルを出て向かうはもちろん梅小路。

↓フツーに103系が走ってる!

Cimg0843_1280x960

↓オシャレな橋。そして大都会なのに空が高いです。

Cimg0844_1280x960

地元の方ならお判りでしょうが…京都駅から梅小路に向かってるのに景色がおかしいですね。

どうも全力で逆方向に向かっていたようです。えへ。

↓1時間半ほどさまよい歩いてようやく梅小路公園に着きました。

Cimg0845_1280x960

↓念願の梅小路。よりによって雨が降りっぱなしです。
Dsc04577_1280x960

↓HOの各種蒸機。

Dsc04579_1280x960

並んでいる機関車達は博物館によくある一昔前の作りのものなんですが、一番上段にいるつばめ客車は出色の出来栄えでした。どこの品物なんだろう?

↓最盛期の梅小路機関区と題したNのジオラマ。こんなの作ってみたいです。

Dsc04580_1280x960

↓かもめ、出雲のヘッドマーク。

Dsc04581_1280x960

Dsc04582_1280x960_2

Dsc04583_1280x960

↓お召し牽引機に関する展示。

Dsc04584_1280x960

↓ラウンドハウスに入ってみます。

Dsc04585_1280x960

ほぁ~すげぇ…

↓C51だぁ

12

13

↓今度はC53。

14

↓C53と云えばここ覗きたくなりますよね。

15

クランク部分も覗きましたが、暗すぎて写真は撮れず…

一通り見てから外に出てみます。

↓留置線にD51とC11が見えます。

16

↓休憩所?ギャラリー?のオハ46。

18

↓そしてやっぱりこれ。C62の2号機です。

17_2

後でゆっくり眺めましょう。

↓8630は転車台の奥側にいました。

19

↓DE10もいます。

20

↓素晴らしいです…

21

↓振り返ると遠くでEF66の100番台が入れ換え中です。

22

↓C55とEF65PF。

23

動態みたいです。本線と繋がってるのを実感しますね。C55が間近で見られなかったのは惜しいですが…

↓PFも撮りました。

24

↓扇形庫の一部は梅小路運転区として実用に供されているそうです。

25

最高の雰囲気です。雨が強くてたまりませんが…

↓うっとりします。

26

そろそろ1台ずつ順番に見ていくことにします。

↓7100形弁慶号

28

さすがにテープで囲われてます。チカチカに磨き上げられてました。

↓B20 10。

29

近場に1号機は保存されてますが、こちらは動態です。
1号機も動いてくれないかな…

↓9633。

30

39

↓C61 2。ちゃんと車籍があるそうです。

31

↓C62 1。

32

これでC62の1・2・3号機を見れました。だから何と言われればそれまでなんですが。

↓C58 1。

33

動態で運行していた期間が長かったせいか、北見時代とは別物のような姿になってます。

華やかさが増してこれはこれでカッコいい!

↓D50 140。

34

↓D52 468。

35

大きいボイラーと車輪の小ささで、横から見るとかなりの迫力で迫ってきます。
今回最も見たい機関車の1台でした。

↓C59 164。

36

個人的にはC57よりカッコいいと思います。実力も顧みずにアダチのキット買っちゃいました。

↓C53 45。

37

↓C51 239

38

C51とC53は車輪が大きく美しく見えるのが印象的でした。
道内で1750mmスポーク動輪が目に出来るのはC55の水かき付きだけなので…ちょっとした差異ですがパッと見の印象がかなり違いますね。

↓1080。

40

この手はよく解らないというのが正直な所です…小粋なスタイリングですね。

↓あとはC62を堪能します。

42

41

43

44

45

3号機が走っていた頃の事を色々と思い出します。

↓後ろ髪をガンガン引っ張られる思いで梅小路を後にします。

46


47

次に来れる時は改修後ですね。楽しみです。

↓駅に向かう道中。以前大阪で見たクハ86が鎮座していました。

48

新博物館の準備が着々と進んでいます。

↓近くには京都市電が走っています。

49

架線なしでどうやって走ってるのか悩みましたが、これバッテリーカーに改造されてるんですね。

↓京都駅に戻って来ました。時間があるのでブラブラ。

50

大阪もここも凄い造りですね…

↓スーパー北斗の親戚。

51

普通中間車はまんまキハ280か?と思えるほどです。
電車ばかりの所で聞き慣れたエンジン音を聞くと妙な落ち着きを覚えます。

↓113系。まだまだ現役ですね。

52

この後出張先へ移動、数日間マジメに気楽に仕事したり皆で飲んだりやって…

↓お仕事終了。帰りがけ、EF66のコンテナ列車が通過していきました。

53

別事業所から同行してくれた方「相変わらず好きやねぇ~」

えへへ…

↓京都に戻ってきました。

54

↓展望デッキからは駅構内が見渡せます。

56

↓奈良線ホームに言ってみると103系が止まっていました。

58

さて、そろそろ帰ります。

↓大阪に寄って

59

↓梅田から阪急電車に乗り換え。

61

↓途中からモノレールに乗り換えて空港に向かいます。

63

64

↓着きました。

65

66

帰りはトワイライト…と言いたい所ですが大人しく飛行機です。

無事帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都へ行ってきました①

また期間が開いてしまいました…ここの所かなり忙しく、自分でも何やってるか判らなくなって来るような状態ですw

そんなわけで車輛作りの進み具合は今一つです。

先日のある日、急遽出張に行けという話になりまして、逃亡したかったので気持ちよく二つ返事で行ってきました。ネタもないのでその辺りのお話しを…

↓まずお世話になるのはこいつ。

Dsc04469_1280x960

早速様子がおかしい気もします。

この日の組成は函館方よりキハ183-1506+キハ182-511+キロ182-505+キハ182-507+キハ183-1505の5両でした。

↓二十数年振りのハイデッカー。イスが緑じゃない…(笑)

Dsc04511_1280x960

↓テーブル背面にはシートの説明が。

Dsc04512_1280x960

↓DML30の鼓動も気持ちよく突っ走ります。

Dsc04513_1280x960

エンジンの音を楽しむにはいい環境です。周りは静かだし排気臭くないし。
ただ…普通に考えるとやっぱりうるさいです。

途中は写真も撮らず堪能してました。

↓そんなこんなで大沼まで来ました。

Dsc04518_1280x960

↓新幹線の設備を横目で見ながら…

Dsc04520_1280x960

Dsc04521_1280x960

↓間もなくして函館に着きました。

Dsc04523_1280x960

まだこんな所に北斗星が居ます。どおりですれ違わなかったワケだ…

↓お疲れ様でした。

Dsc04525_1280x960

あと何回乗れるんでしょうか…

↓次はこれ。

Dsc04524_1280x960

↓新青森へ向かいます。

Dsc04527_1280x960

↓3線区間に入りました。

Dsc04530_1280x960

↓青函トンネルに入りました。一瞬にして窓が曇るのですぐに判ります。

Dsc04531_1280x960

↓しばらくしてトンネルを抜け、在来線と新幹線が分岐する箇所を通過しました。

Dsc04533_1280x960

↓ヨンマルの色が本州に渡って来た事を実感させます。

Dsc04537_1280x960

↓何故かいる211系。

Dsc04538_1280x960

↓普段目にしないクルマがたくさん居てワクワクします。

Dsc04540_1280x960

↓ED79が昼寝中。

Dsc04541_1280x960

↓トワイライト用のEF81も。

Dsc04542_1280x960

↓青森に一旦止まってから新青森に着きました。

Dsc04548_1280x960

↓こいつももうすぐ引退ですね…たぶん。

Dsc04547_1280x960

Dsc04546_1280x960

↓ここからは新幹線に乗り換えます。

Dsc04549_1280x960

↓2回目の乗車です。

Dsc04550_1280x960

↓で、最大限調子こいてここを選んでみました。

Dsc04551_1280x960

↓おぉー

Dsc04552_1280x960

↓走り出しました。

Dsc04553_1280x960

↓パワーシートです。
Dsc04554_1280x960

↓ちょっと変わったテーブル。
Dsc04555_1280x960

Dsc04556_1280x960

↓お食事。和軽食と洋軽食が選べるそうで、今回和軽食にしました。

Dsc04557_1280x960

↓食後のデザート。

Dsc04558_1280x960

飲み物を飲み終わるとおかわりのオーダーを聞きに来てくれたり、それはもう至れり尽くせりでした。

が…快適さは寝台車の圧勝ですね。その雰囲気もあって幽閉されてる感じが半端でないです。
札幌に伸びてきた暁には寝台とは言いませんが簡易個室ぐらいは是非欲しいです。本音を言うと夜に出て朝着く夜行便が欲しい…さすがに無理でしょうけど。

↓じわじわ都会が近づいてきました。

Dsc04559_1280x960

↓上野。

Dsc04561_1280x960

↓東京に着きました。

Dsc04562_1280x960

途中でくっついたE6がいます。

↓乗り換え。最後はコレ。

Dsc04563_1280x960

↓富士山。日も暮れて来ました。

Dsc04568_1280x960

↓弁当をつまみつつ。

Dsc04571_1280x960

↓目的地到着です。

Dsc04572_1280x960

↓さよーならー

Dsc04574_1280x960

↓着きました。かれこれ12時間強。

Dsc04575_1280x960

ケツが痛てぇ。

今晩の宿へ向かう為、近鉄に乗り換えます。

↓スナックカー。

Dsc04576_1280x960

↓ACE。

Cimg0841_1280x960

↓ビスタカーの本物だ!

Cimg0839_1280x960

↓ひとしきり静かにはしゃいだ後コレで移動。

Cimg0840_1280x960

いい雰囲気でした。関西のクルマは古いのでも綺麗ですね。

この後、ホテルで爆睡しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日帰り釧路ノロッコのたび②

どうもです。

前回更新からもう1か月ですか…すっかり秋ですね。

前回の末尾に記した通り、今回はノロッコ号のディテール写真です。

2012年7月撮影、一部のみ2014年8月撮影です。機関車以外、塘路に向かって右前→右後ろ→左後ろ→左前の順番で並べています。クリックで拡大出来ます。頑張って大き目の写真を貼ってます。ではどうぞ。

機関車 DE10 1660

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

 

1号車 オハ510-1

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

2号車 オハテフ510-2

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43


3号車 オハテフ510-1

50

51_2




52

53

54_2

55

56

57

58

59

60


4号車 オハテフ500-51

61

62

63

64

65

66

67

68

69

70

71

72

73

74

75

76


5号車 オクハテ510-1

81

82

83

84

85_2




86

87

88

89

90

91

92

93

94


撮影場所は釧路駅、塘路駅です。

共にホーム側が撮りづらいんで一部欠落してます。マイクロ製品のディテールアップやHO版の製作にお役立て頂ければと思います。

次回はマヤ50の工程が進んできてますのでそろそろアップ出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日帰り釧路ノロッコのたび①

また久しぶりの更新です…マヤ50は相変わらず牛の歩みで製作中…

↓いつの間にかわんこもでかくなりました。

Dsc03282_1280x960

人懐っこいんですが、愛想の振りまき方が雑、というか凶暴です。

そんなこの頃ですが、久々に夫婦で休みが1日だけ合いましたので遠出しようとの思いつきで釧路まで行ってきました。

こちらの師匠に「ノロッコ乗りに行くわ~」と連絡しておきましたので案内はバッチリです。夜、出発前電話したら「マジかwww」と爆笑でしたが。夜に出発してちんたら6時間。それなりに年喰ったせいか、踏まなくなりました(苦笑)

一旦道の駅で仮眠の後、釧路の師匠を拉致、とりあえずキサロハを見に行こうということで。

↓数年来、ずっとこの場所に並んでます。

1280x960_2

↓キサロハ182-551。

1280x960_3

↓同じく553。

1280x960_4

↓そして552。左奥に隠れているのは554ということになりますね。

1280x960_5

こいつら、先日除籍され、そう長くないうちに解体されるそうです。デビューの次の年に帯広まで2階席に乗りました。今回が見納めです。

↓奥にはタラコ色のキハ40 777が。

1280x960_6

右にいる283があらぬ方向に振り子しちゃってますw

↓スユニ50もいます。真ん中の煙突がチャーミング。

1280x960

↓DE15 2526の頭だけ。

10_1280x960

↓同じく2510の頭。ナンバーの色が剥がれちゃってますが…
11_1280x960

↓前がちに1枚。

12_1280x960

↓次に向かったのはココ。

13_1280x960

↓ロッド式のD401がいます。

14_1280x960

土曜だから動いてないよね…と移動しようとした時に異変が。

↓動いてるよ~

15_1280x960

↓昼寝姿は何度も見てますが、動いているのを見るのは初めてです。

16_1280x960

↓行ってらっしゃーい

17_1280x960

18_1280x960

この後、貯炭場まで追ってみようということで移動。

↓わくわく。

19_1280x960

↓…来ません。てかもう石炭を降ろして帰って行ってしまった模様。

20_1280x960

早いとは聞いていましたが、ここまであっという間とは思ってませんでした。

↓ちょうどいい時間だったので釧路駅に移動します。

21_1280x960

↓朝ご飯。駅前の和商市場の勝手丼です。

1280x960

すっごく旨いんですが、結構高く付いた次第…大トロは我慢しましたw

腹いっぱいで駅に移動して…

↓来ましたよ♪

22_1280x960

↓指定席が取れなかったので先頭のオハ510に乗車です。

25_1280x960

DE10の音も聞けるんでコレはコレでいいんですが、いかんせん暑い&排気臭ぇ。

↓オープンデッキも覗きにだけ行きました。さすがにこっちは涼しいです。

23_1280x960

↓釧路湿原堪能中。

24_1280x960

26_1280x960

27_1280x960

↓50分ほどで終点の塘路に着きます。

28_1280x960

↓駅が昔ながらの互い違いのホーム+構内踏切という造りなんで、こんな写真も手軽に撮れます。

29_1280x960

師匠曰く「停目が邪魔だな…」確かに。まぁしゃーない。

↓駅を出てなんとなく撮ってみます。

30_1280x960

↓ちょっとした展望台があるので上から撮ってみました。

32_1280x960

↓グダグダしていると後続の普通列車が来ました。

33_1280x960

銘板がいっぱい就いた54です。

34_1280x960

↓ノロッコはまた釧路に向けて発車していきました。

35_1280x960

近くの喫茶店?でアイス食べながらに次の列車を待ちます。

↓しばらくしてやって来ました。

37_1280x960

快速「しれとこ」のヘッドマーク付きです。

38_1280x960

↓座れなかったのでデッキでうだうだ。ノロッコよりこっちの方が涼しいw

39_1280x960

↓半室運転台なんですごく見晴しがいいです。

40_1280x960

↓釧路に着きました。

41_960x1280

↓ノロッコは次の運用の為に待機してました。

42_1280x960

この後、太平洋炭鉱のトロッコを見に行きましたがさすがに動いておらず退散、途中帯広の「インデアン」カレーを食べたり大学時代の友達の所に寄ったりしながら帰宅しました。

で、これだけでは内容的にあんまりなので次回は一昨年に撮影したノロッコ号のディテール写真を掲載します。需要があるかは非常~に微妙な所ですが…

お知らせ:新規にリンクを追加させて頂きました。

アルの鉄道模型工廠 さんと ハイス鋼の工作blog さんです。

先日、お二方とも素晴らしい作品を引っ提げて遊びに来て下さいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ55のばらし方と小加工

皆様、あけましておめでとうございます。

…もう1月も終わりそうですが(汗)

今年はマジメに更新する!と決めたつもりでしたが早速この体たらくです。こんなんですがお付き合い頂ければ幸いです。

更新こそしてませんでしたが、年末から年明け、そして現在も色々作っておりますので、ご挨拶もかねてそのご紹介でもして見ようかと思います。

↓正月休みの初日、こんなのが工作台に乗りました。

Dsc02694

TOMIXのキハ55系が4両。
これを道内に少数いたクルマにします。

…とは言え、バス窓車の写真はそこそこ見かけるものの1段窓車はその活躍期間が短い故に写真が見当たりません。仕方がないので想像を交えてそれらしく仕立てていきます。

ついでですので、皆さん迷っているかもしれないTOMIX製キハ55系のばらし方の解説をやっていきたいと思います。今さら感満載ですが(汗)

これと全く同じ方法で、キハ20系の分解も行えます。では早速。

↓車体と床下の分離は一般的な製品と全く同じです。

Dsc02695

で、普通はライトユニット→ガラスと外していくんですが、こいつは屋根を外さなければ車内の部品を外す事が出来ません。

↓ヘッドライトの下側から屋根を軽く爪で引き起こします。

Dsc02696

商売柄、相変わらず爪の間が汚いのは笑ってすませてやって下さい。
ブラシで摺っても落ちないんです…
仕方がないので、作業する車輛は要所要所で洗浄してます。

↓そのまま爪を車体後部に向けて滑らせると、車体との勘合が次々外れていきます。

Dsc02697

↓車体片サイドの一番後ろの爪が外れた時点で、このように屋根は外れてきます。

Dsc02698

↓屋根裏にライトレンズが刺さっていますので引き抜きます。

Dsc02699

↓ライトユニットは後部をほんの少し浮かせて、後ろにスライドすれば簡単に外れます。

Dsc02700

この写真では前面の渡り板を付けたまま作業していますが、先に外した方がさらに簡単にユニットが外れてきます。

↓あとは側面→前面、後部とガラスを外したらこの通り。

Dsc02701

で…途中の写真も撮らずに一心不乱に作業する事しばらく。

メニュー的には手摺り打ち替え、タブレットキャッチャー取り付け、バス窓車は追加タイフォン取り付け、内装塗装、ウェザリングその他もろもろです。

↓こんな風に仕立てました。

Dsc02712

↓この中からキハ26 1のお顔。

Dsc02713

仕上がった頃にご来光が上がって参りました。

↓きたきた…

Dsc02708

↓おおー

Dsc02707

田舎で良かったと思う瞬間。このすぐ後、正面の原っぱで馬の散歩をしてたんですが写真撮り損ねました。

↓いい具合に光が差してきた所でキハ55 24。

Dsc02714

↓今度はキハ26 1を先頭に4両を編成で。

Dsc02717

…で、おまけ。

ネコ・パブリッシング製ワム3500タイプのキットで遊んでみました。

↓旭川工場工作車のサ6。

Dsc02731

側板に筋交いを追加、足回りはブレーキシリンダー以外何もないので各種の部品で追加しました。

マイナー過ぎたようで、今の所「はぁ…」と云ったリアクションしか帰って来ません。

そんなワケで、今年も色々作って参りますのでご笑覧下さいませm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京に行って来ました

ご無沙汰しております。また1月ほど開いてしまいました。

今回は旅日記的な内容です。で、長っげぇです。

10月某日、札幌駅。

↓281系スーパー北斗発車。

002

↓789系がやってきました。

003

↓今度はカシオペアがやってきました。

004_2

↓スイートルーム。周りみんなで覗きまくってますw

005

↓ちゃっかり乗ってみます。

008

↓2階個室。

009

割合狭いですが、収まってしまえば快適そのものです。

↓動き出しました。

010

はい、そうなんです。切符取れちゃいました。
スイートを希望していましたが、さすがに無理なようで…
ヨメは取れなくて良かったと申しておりました。高いもんね。現実的でよろしい。

↓なんとナビ付きです。

012 

現在地が気になる向きにはイイ装備ですね。但し、ナビ画面にすると映画放送はもちろん、BGM等も止まります。

↓西の里信号所付近。虹が出ました。

013

↓さて、個室から這い出してみます。

014

ひたすら同じ造りです。新造車なんで当然ですが…

個人的には北斗星のガチャガチャした雰囲気の方が好きだったり。

↓展望車に到着。

015

この写真を撮っている背中の方が売店スペースになってます。

↓ばん!

016

↓ブルーリボン賞のプレート。

017

↓沼ノ端付近です。

018

↓苫小牧に到着。日が暮れてきました。

019

↓探検。我ながらひっでぇ写真です。

020

021

↓白鳥大橋です。

023

↓伊達紋別停車。ちょっとだけ外に出てみました。

024

↓後続のスーパー北斗を先に行かせます。

025

↓だらっだらしているうちに函館到着です。

026

↓ここからお世話になるED79が連結。13号機でした。

028

↓ごはんの時間。

029

ビーフシチューとカレーライスを頼みました。

↓ビーフシチューの前菜。リッチです。

030

↓カレーライス。

031

↓アイス食ったぐらいにして。

032

ちなみに食事中に青函トンネルに入ってます。

↓お食事後のラウンジカー。貸切状態でした。

033

照明の具合がステキです。

↓頑張って撮ってみる。

034

↓青森到着。結構な雨が降ってます。

035

↓あっという間にいなくなります。

036

↓青森発車。

037

この後は部屋の明かりを落として外を眺めているうちに寝てしまいました。

↓目が覚めたら仙台です。

038

我ながら素晴らしいお目覚めのタイミング。

↓仙台発車後、夜が明けてきました。

039

夜行列車を実感するひと時です。

↓完全に夜が明け、福島に到着しました。

040

↓今回最初に出会った車輛は719系。

041

↓しばらくダラダラして朝ごはん。

043

やっぱり食堂車は最高です。内容は大体北斗星と同じ感じでした。

↓宇都宮に停まります。

044

この辺りまで来るとだいぶ関東の雰囲気が濃いです。

↓営業終了直前の食堂車。

045 

↓大宮付近。DE11が停まってます。

046

↓スーパーアリーナ。でけぇ。

047

↓185系がいました。

048

↓線路がいっぱい。全部本線なのが凄いです。

049

↓ひっきりなしにすれ違います。

050

↓東京都内突入です。

051

↓無事上野に着きました。

052

↓人だかり。

054

↓ホームが2段重ね。

056

↓東京は良い天気でした。

057

↓早速地下鉄に乗って…

058

↓こんな所を抜け

059

↓雷…門…?

060

↓こういう事らしいです(汗)

061

この看板読むまで本物は別にあると思ってました。札幌近郊によくあるニセ時計台的なノリで…

↓浅草駅ですね。

062

↓隅田川に向かってテクテクと。

064

右側、アサヒビールの本社だそうで。てっきりヒ○ヤ大黒堂か何かかと…

↓吾妻橋を渡りながら撮った「りょうもう」

066

↓スカイツリーに向かって歩きます。

067

↓東京スカイツリー駅。スペーシアが顔を出してました。

068

↓来ちゃいました。首が痛くなります。

070

登るには5時間待ちですぅ~との事だったのでさっさと撤収。

旦那の気持ちはもう次に向かって突っ走ります。

↓帰りは東武。1駅だけですが。

071

↓りょうもう停車中。

072

↓程なくして浅草行きが来ましたので乗り込みます。

073

↓浅草駅手前のダブルスリップ+急カーブ。

075

再び上野まで出て、東北線で来た道を戻ります。

↓で、待っていたのはこちら。

076

ちょっとだけ得した気分です。

↓お世話になりまーす。

077

文句ブーブーの嫁さんを「汽車は前向いて乗る乗り物だ」と説得。

078   

↓もちろん行先は大宮です。程よくサメが通過。

079

↓博物館まで歩いていく道中。D51がいます。

080

道民としてはなんか物足りない気がしますが、こちらの方が普通ですよね。

↓しばらく歩きます。

081

塀に色々な車両の写真パネルなんかが飾ってあってなかなか楽しいです。

↓こんなのもあります。素晴らしい。

082

↓ドアは開かないようです。

083

↓着きました。

084

↓167系モックアップ。

085

↓速度計の「スピード」の文字、芸が細かいですよ、国鉄さん。

086

↓飲料水のガンガン。

087

↓中に入りますよ~

088

↓まずはマイテ39から。

089

この内装、凄すぎます。走る仏壇と呼ばれたとか呼ばれないとか…
外人ウケは非常に良さそうです。

↓キハ41000。

090

↓クモハ40です。この重厚感がたまりません。

092

↓DD13。旭川のやつは解体されましたね…残念ですがしょうがない。

093

↓コキ50000と6000形コンテナ。

094

「輪西」の検査標記に反応する胆振出身の我らが夫婦。

↓T15形タンクコンテナ。

095

↓サービスカット。

096

↓お隣はレムフ10000です。

100

↓色々魚が載せてあります。

098

↓この貨車群の隣にあったコキフ10000の模型。欲しい…

101

↓クハ481。

102

↓車内の掲示も泣かせます。

103      

104

↓クモハ455。

105

↓クハ181。呆れられつつウットリするひと時。

106

↓この風呂敷がポイント高いそうで。

107

スピーカーか何かの目隠しでしょうが、こういった演出は嬉しいですね。

↓ナハネフ22。

108

109

↓ゴハチ。

110

横が狭いのがちょっとだけ残念。

↓ED17です。

111

↓ED40です。

112

↓今回はドアを開けて展示してありました。

113

↓150形。

115

↓われらが開拓史号。

114

↓クロ151のシート。

116

↓そしてC57 135です。

117

118

他の展示室も見て回りますが、デジカメの電池がこの辺で限界…

↓これ欲しい!

119

札幌からのバター輸送に使われたそうです。

↓屋外のキハ11。

120

↓休憩所代わりの183系。

121

この後、新幹線展示室を見る前に電池が完全に死亡(汗)

昼過ぎから閉館まで居たんだから無理もないですね…

この後、千葉県某所へ移動、久々にお会いするお二方と居酒屋で晩ご飯、大変楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

↓今度はこれのお世話になって都内へ戻ります。

122

↓今夜は品川で一泊です。

124

「東京を手の中に収めたぜ…」

「バリバリの田舎者でしょーがよw」とすかさず突っ込まれます。

↓一夜が明けました。この日も快晴。

125 

↓宿をチェックアウト、珍しいバスがいるので写真撮ってみました。

126

日産ディーゼルの逆車だそうです。

↓こんな所にも行ってみます。

127

128

129

↓ショーでもないのにサービス精神満点のイルカさん。

130

↓あざらし。

131

↓へんないきもの。砂地からいっぱい生えてました。

133

そんなこんなでそろそろ移動です。

↓駅でこんな事やってました。

135

↓485系「宴」の展示会だそうです。これは嬉しいサプライズ。

136

137

↓展示会ですのでお触りOK。

138

139

↓ブルネル賞受賞車だそうです。

140

↓隣には「華」が入って来ました。

141

142

秋田からなまはげが来ていたりホーム上に5インチが走っていたり、1つの駅でやるイベントにも関わらず規模がでかくていらっしゃいます…さすが東京。

↓そろそろ山手線で移動します。

143

↓東京駅。改修後初めて来ました。

145

146

↓こちらも忘れずに…

147

↓丸ビル。コーヒーでも飲んでいきます。

148

↓丸ビルから撮影。

149

150

またまた移動です。

↓大都会ですねぇ…

151

↓次の目的地はココ。

152

初めて来ましたが、想像よりはずっとマトモな感じ…

今回上京した最大の目的は、ここでのお食事会でした。
錚々たる方々とお会いして色々なお話を聞かせて頂き、非常に有意義な時間を過ごす事が出来ました。

お集まり頂いた皆様、今回セッティングして頂きました方には感謝することしきりです。

この後は羽田まで移動、千歳空港まで大部分寝ながら移動、お茶もらい損ねました(笑)

 

…先日、「北斗星」「カシオペア」「トワイライト」が廃止となる可能性大との報道がありました。どこかで判ってはいた事とは云え、一番の憧れに対する余命宣告は辛いものです。

もう1度だけでも乗れる機会が作れれば良いのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1日散歩のたび

土曜日、布団でゴロゴロしていると相方から「天気もいーんだから起きなさーい」と一声。

半分寝ぼけながら「したっけどっか行くか~」と始まりました今回の旅。

テーマは「1日散歩で何となく富良野方面へ行ってみる」もちろんノープランです。

一日散歩切符の案内はこちら

とりあえず千歳線某駅wが起点です。

ます第1乗り換えポイントの白石。

↓ここまでお世話になった731系G-121編成。

Ca3h0355

↓次の列車を待っている間、「オホーツク」が通過。

01

↓おぉー ボーズ様ではないですか♪

02

そして…次に乗った列車の写真がないw
731系の「いしかりライナー」岩見沢行きでした。

↓で、岩見沢からはこちらのお世話に。

03

まだまだ元気です。相変わらず静かでソフトな乗り心地。

↓滝川駅で40に乗り換えます。ここから根室本線です。

04

↓漢の冷房なし。走り出してしまえば涼しいです。

Ca3h03560001

↓富良野へ到着。ここまで車輛しか撮ってない(汗)

Dsc01457

↓とってもいい位置にクリスタルエクスプレスが。

06

「フラノラベンダーエクスプレス」での運用です。
先にニセコエクスプレスともすれ違い、駅外れにはノースレインボーも留置中です。
この時期の富良野駅の昼間はアツい。

跨線橋の上から、駅裏の茂みの中から、各部を撮っておきました。

カミさん曰く「他人のフリしようかと思った」いや、頼むから勘弁して下さい…

ここでお昼、駅近くの「くまげら」さんでローストビーフ丼を頂きました。大変美味かったです。高かったけどw

↓駅に戻ったら、ちょうどノロッコ号が入線してきました。

07

↓とりあえず記念撮影大会に混ざります。もちろん怪しまれない為に。

08

それはそうと、地元の足でもあるんですね。制服のおねーちゃんとか新聞読んでるじいちゃんとかが普通に乗ってます。      

↓乗り込みます。富良野駅構内。

09

↓風を浴びながら走ります。

10

が、座席が運悪く一番前。感じる風は機関車と自車発電機の排熱ですw

↓今日も平和です。

11

↓深山峠を越えていきます。

12

↓美瑛に着きました。一日散歩切符で来れる北限です。

14

↓さよなら~

13

このノロッコ号、昼間はここで折り返しますが、最終便は旭川まで走ります。

しばらく駅前でブラブラ、アイス食べたりします。

↓帰りの列車が来ました。キハ150です。

15

これで一旦富良野まで戻ります。

↓戻って来ました。次は快速「狩勝」新得行きです。

16

次はこれに乗ります。が、このチョイスが豪快な判断ミスであることに我ら夫婦は気付いてません、ていうか何も考えてません。「こっち回って帰れるじゃん♪」ノープランぶり炸裂です。

↓快調に飛ばします。

17

↓日が暮れてきました。

18

↓途中、東鹿越で行き違いの為に長時間停車。

19

↓なんかイイ感じ。

20

↓落合。いいですねぇ。

21

↓この雰囲気の中だとごく当たり前のヨンマルも懐かしく感じます。

22_2

この先の新狩勝トンネル内では、根室本線と石勝線がトンネル内で合流します。珍しいので写真を撮ろうとはしてましたが撮れず…しっかり見るだけは見ましたw

↓そんなこんなで新得到着です。

23

この時すでに夜9時を回ろうとしています。ここで嫌な予感。

…繋がんねーんでない、コレ?

改札を出る時の駅員さんの一言でこの嫌な予感が当たっている事が判ります。

駅員さん「ここで最後ねー?」

私「いや…札幌まで帰るつもりなんすけど…」

駅員さん「あらー…ここから特急になっちゃうねぇ」

私「やっぱりそうですかぁ そんな気はしたw 南千歳まで2人分お願いします」

駅員さん「ありがとうございまーす♪8千円でーす」

というワケで南千歳までは飛び道具を使う事になりました。

↓飛び道具参上。

25

↓キハ283-7。

26

で、乗りましたがなんか様子が違う…

走行中、常に前後に小刻みな衝撃と空席が揺すられるぐらいの強烈なバイブレーションが襲ってきます。車掌さんも平然としてましたので不調気味のクルマはこんなもんなのかもしれませんが、ちょっと酔いましたw

去年乗った時はもっと滑らかだったはず…余談ですがその時はその時で鹿跳ね飛ばしましてますw

↓そんなこんなでちょっとだけビビりながらのワープ完了。さいなら~

27

ここからは普通列車で帰宅、小旅行は終了となりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おとなの社会科見学

相変わらず更新がおろそかになってます。はい(汗)

先日、苗穂工場の公開やってるよーとの話を耳にしたんで行って来ました。中学生の時以来です。

家からブラブラと苗穂へ向かい…

↓着きました。結構人がいますね。

001

↓早速、ハイブリッド仕様のキハ160がお出迎え。

002

後ろにはお役御免でしょうか、休憩所代わりの711系がいます。

ここで15分ほどキハ160に張り付いて観察。早速ツレに呆れられます。

何処から見て歩くか迷うんですが、機関車検修棟へ。

↓ワクワクしますね。

003

↓ピカピカになった釧路のDE15 2510がいます。

004

↓そしてその台車。

005

↓隣にはDF200の台車枠が置いてあります。

006

鋳造の実演がありますよーとの事で、鋳物工場へ。
JRの工場内に鋳物職場があるのは、現在ではここと長野だけだそうです。

↓来ました。

007

左手は大量の使用済みブレーキシューです。

↓ブレーキシューを磁石ですくい上げて、炉に投入します。

008 

↓ここで溶かした鉄をこの機械で砂型に注入。

009

本当は、溶けた鉄を炉からこの機械へ移す作業がありましたが、撮り逃がしました(汗)

↓次は機関試験室へ。DMF13の試験中です。

010

かなりイイ音がします。あまりの轟音に嫁さんが脱走したんで別の場所へ。

↓ここにもDMF13。

011_2

↓通路には整備済みのDML30がドンと鎮座していました。

012

しかし、目に付いたのはこの1基のみ。減りましたね…

↓外に出ると、ニセコ号用のスハフ42が2台並んで止まっていました。ピカピカです。

013

この辺でお昼にします。食堂が営業中なのでそちらで食べました。

↓食堂を出ると、苗穂運転所の裏側がちょっとだけ見えます。

015

↓宗谷線用キハ183-1503とお座敷キハ400

016

↓キハ40 336とキハ141・142が3ユニット(かな?)

017

運転所を眺めて突っ立っていると、この左手奥からDMVがやって来ました。

↓登場。やっぱり妙です。

018

↓意外と軽快に走ってきます。

019

↓停まりました。ありきたりですが、線路から降りる所を連続写真でご紹介。

020

021

022

023

024

鉄車輪と動きと前輪とホイールアーチの隙間の変化にご注目…

↓動き出しました。

025

026

027

さっそうと去って行きました。

試乗出来るらしいのでフラフラとそちらへ向かいます。

↓さっきのキハ40を別角度で。

028

↓DMV乗り場からはキハ142-13や

029

↓キハ141-2がキレイに見えました。

030

↓振り返ると、件の283系が。

031

何とも言えない…

↓さて、DMVに乗りましょう。

032

↓このモードインターチェンジ(リレーラーみたいなもんですかね)にそろそろと入っていきます。

034

この後の写真がない…乗り心地が意外と良いんですね。もっと硬い感じを想像してました。あとは線路走行時の加速がやたら良いんです。もっとも、これに関しては運転士さんが気合入れたのかもしれません。

↓別の場所ではC62が展示走行してました。

035

↓やっぱりたまりません。

036

またいつか自力で走ってくれないでしょうかね。無理か…

↓C62の体験乗車のホームからはトマサホ用のキシ80が見えます。

037

他にも色々います。C62がいい具合にそちらの方へ走りますので、繋がったスハフ14に乗って見学です。

↓お役御免のキサハ144。

038

↓客車から。色々います。

039

↓キハ183-501。新形車だと思ってたのに…

040

首の部分だけ欲しいです(汗)

↓フラノエクスプレスと711系S-901。

041

客車から降りてブラブラしていると、車入れ実演があるとの事なので行ってみました。

↓人だかり。車輛はキハ260-102です。

043

↓台車がスタンバイしてあります。

044

↓クレーン2台が動き出しました。

045

↓国鉄浜松工場、昭和43年10月製。

046

↓1機目が専用の冶具を吊り上げます。

047

↓すーっと移動して車体の方へ。

048

050 

↓同様に2機目も所定の位置へ。

052

↓程なくして上がりました。

055

↓来た来た~♪

056

↓眼前を通過していきます。改めて見るとデカい…

058

059

060

↓センターピンの上部に左右動ダンパを取り付けます。

062

↓もう一回移動して

063

↓定位置に降りてきました。

064

↓完全に車体が台車に乗りました。

066

ギャラリーからは「お~」という歓声が。床下では、すぐさま牽引装置の接続等の作業が始まります。

↓ヨーダンパを付けてます。

067

↓付け終わった所で、クレーンが帰っていきます。

069

070

071

072

073

074

↓この間、床下ではプロペラシャフトの連結が行われていました。

075

↓全ての作業が完了したキハ260。

076

この辺りでお時間終了の放送が。またブラブラしながら帰って来ました。

↓キハ260の前に置かれていたDMF13。次はキハ183が入ってくるようです。

077

おしまい。そろそろ模型ネタ書きたい所です。   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

東京旅行?記②

前回の続きです。

↓あちらこちらに寄り道しつつ、上野へ。

0043

↓今回、事前にこんなものをゲットしてました。

0042

閑散期だったせいか、3週間前、しかもネット予約で取れちゃいました。

↓初めてのナマ185系。

0044

各社から模型がでてますが、今一つ決定版がないという何ともアレな電車。

↓お隣にはE231がいます。

0045

↓並び。

0046

↓常磐線のホームにはE653の黄色いのがいました。

0047

↓しばらくブラブラしながら待ってると、来ましたよ♪

0048

名物の推進回送。もちろん初めて見ます。

↓札幌行きですぜ。

0049

↓お世話になる10号車。

0050

↓乗り込みます。

0051

0052

↓本日のお宿。おぉすげー♪でも…思いの外狭い(苦笑)

0053

で、発車まで時間もないので荷物を置いて先頭まで小走りで向かいます。

↓本日の牽引機はEF510-502です。

0054

↓ブレ具合で慌ただしさがお分かり頂けるかと…

0055

記念撮影の方、見送りの方、ギャラリーの方…いっぱいいましたよ♪

↓食堂車。それっぽく撮ったつもりですが普通の写真ですね。

0056

↓そそくさと乗り込んで発車です。さよなら東京。

0057

てなわけで室内を見てみます。

↓ドアの方。

0061

右手のハコはドライヤーです。

↓シャワー室。この中にコンセントもあります。

0058

↓折りたたみ式の洗面台。

0059

↓排水栓のアップなんですが…いやにクラシカルですw

0060

↓ゴチョゴチョやっていたら、しばらくしてウエルカムドリンクを運んできてくれました。

0062

思った以上にゴージャスでねぇですか。

↓大宮に停車。タキ1000がいます。

0063

↓車窓を眺めていると、1時間ほどで宇都宮に着きます。

0064

0065   

↓そろそろ、先ほどもらったワインでもいただくことにします。 

0066

↓軽くできあがった所で食堂車へ。

0067

↓やっぱり特別ですね。この雰囲気がたまりません。

0068

↓カレーライス。おいしくいただきました。

0069

↓食後のコーヒーなんぞ飲んでると郡山に停車。

0070

↓腹を満たしたら、機関車を眺めに行きます。

0071

青森での付け替えを車内から見れるかの確認でした。

↓部屋に戻り、しばらくして福島に停車。

0072

ヒマなんでロビーに出向き、他の方と話をしつつ時間を過ごします。

↓しばらくして仙台に停車。本州最後の停車駅です。

0073

↓後に備えて、この辺で寝ます。

0074

広くはありませんが、快適に寝れました。

機関車の付け替え時間を狙って目覚ましをセットしておいたので、3時50分にお目覚めです。

↓三沢に停まってました。

0075

↓すっかり雪景色です。やっぱり雪はあると落ち着きます。

0076 

↓走り出して、次は上北町に停車。

0077

で、いいかげんここいらで異変に気付きます。止まりすぎ。

で、調べてみると青森まであと約60km。予定時刻10分前であと60kmもあんのかいw

仕方ないので寝静まった車内の散策に出ます。うぅ寒い…

↓こんなのが繋がってたりしましたので色々撮りました。

0081_24501

この辺は後ほど別口でアップします。

↓がらーん。時間考えると当たり前ですが。

0101_25502 

↓食堂車の荷物扉がエライ事になってます。

0109

朝になったらきれいに掃除されてました。御苦労さまです…

↓40分ほど遅れて青森へ。

0123

↓もうすぐ到着。EF510のお尻に入替標識が点灯します。

0124

↓係員さんの操作後、音もなく離れていきます。

0125

↓さよーならー

0126

↓さ、ED79が来ましたよ。

0128

↓ご対面。たぶん機関士席からバッチリ見えてんだろーなーと思うとこっぱずかしいw

0129

↓きたきたぁ

0130

↓14号機です。

0131_2

↓衝動もなく連結しました。

0132

0133

この後すぐに発車、函館に向かいます。

で、青函トンネルを待たずして再び就寝です。

朝は任意の時間でコーヒーのルームサービスがあるそうで、「函館着く前に起こして下さい」とお願いしてあります。

↓起こしてもらえました。

0134

↓朝の一服。優雅な気分になれます。

0135

↓五稜郭機関区が見えてきました。もうすぐ函館です。

0136

↓函館駅のはずれにはこれからお世話になるDD51が待機してました。

0137

↓函館到着です。

0138

青森の機関車交換は誰も来ませんでしたが、こちらは時間がちょうどいい為かギャラリーの方がちらほら。

↓さっきのDDが来ました。

0139

↓1100号機と1095号機のペアです。

0142

0143

↓連結作業中。

0144

↓まもなく発車です。

0145

↓そろそろ乗り込みます。

0146

↓車内から函館運転所を観察します。

0149

あ。なんかいる。

↓すずらん号用のスハフ14 507がいました。

0150

0151

↓ロングレール輸送車のチ50000・チラ50000もいました。

0152

↓毎度おなじみキハ183-4550。

0153

↓「ばった」ことクハ784-303と普通のスーパー白鳥、クハ789の並び。

0155

0157

↓SL補機のDE10もいました。

0158

函館を後にして、もう帰ってきた感覚になってます。実際にはまだ長いんですが。

↓駒ケ岳です。

0159

↓長万部にいたキハ150-100。

0162

この辺りで朝ごはんも済ませ、仲良くして頂いたご夫婦と部屋の見せやっこ。

↓デュエット2階個室です。星が見えて良かったよーとの事。

0166

次はコレかなー…占有面積こそロイヤルやツインDXの勝ちですが、こちらの方が機能的な気はします。

↓車窓。うーみだー

0168

そんなこんなで室蘭が近づいてきます。

↓輪西のタンク車群。来年の今頃にはないんですね…

0169

間の道路は国道37号線、ガキの頃からここを通る度にワクワクしたものです。
近いうちにもう一度行ってみようと思います。

↓船が停泊中。本線にえらく近いです。

0170

↓本輪西駅通過。タキ1000で組成された専貨が待機中。

0171

0172

↓すぐに東室蘭到着です。711系がお出迎え。

0173

0174

↓東室蘭を発車してすぐ、またタンク車群が見えてきました。輪西職場だと思います。

0175

↓今度はすぐ鷲別機関区です。

0176

↓登別を過ぎてしばらく行くとお馬さん。社台です。

0180

↓反対側には樽前山。

0181

今回は苫小牧で降りてしまうので、もうすぐこの列車ともお別れです。

↓苫小牧到着。

0183

先のご夫妻はじめ、食堂のボーイさん、車掌さんに見送って頂きました。皆さんありがとうございましたm(__)m

この後、預けたクルマを回収して帰路に着いたのでした。

次回は、各車を回って撮影した内装の資料写真をアップ致します。

 

今年はこれが最後の更新、お付き合い頂いております皆様、ありがとうございました。
たまにしか更新しておりませんが、来年も宜しければご覧くださいませm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京旅行?記①

いよいよ年末ですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、前回更新でちょっとだけ触れた資格取得の為、東京へ高跳びしてきました。

↓12月某日、1週間以上不在の為にクルマを実家へ預ける道中です。

0001

道央自動車道、千歳近辺ですが…バリバリ吹雪いて視界不良、制限の80km/h走行で結構いっぱいいっぱいになります。

↓何とかこんとか到着。老犬とツレが実家でお待ちかねです。

0002

背中に付いてるのは使い古しのホッカイロw
色々ユルくなってるのでおむつも装備です。

ちょっとまったりしてから千歳空港へ。

↓なんか立派になりました。

0003

↓ロイズのチョコレート工場。本当に製品作ってます。

0004

↓「なんかスタンプラリーやってるよー」ってことであちこちハンコ押しに回ってみます。

0005   

世界最大の飛行機、H-4ハーキュリーズの模型です。
横に小じんまりいるのは世界最小の飛行機だそうで、名前忘れました(汗)

そんなことして時間潰しつつ、夕方発のJALのボーイング777-200に乗ります。777は初めてかも。が、全く詳しくないんでどう違うかは判らず黙って乗ってます。飛行機苦手なんですよね…搭乗後、すぐ寝に入ります。

↓着陸のショックでお目覚め。羽田です。

0006

空気が生ぬるいw 
ここからモノレールに乗って東京方面へ。

↓ここでりんかい線に乗り換え。車両は205系の埼京線仕様でした。

0007

↓目的地到着。ここで1週間暮らします。

0008

↓暇つぶしに東京ビッグサイトなんぞ見てみます。

0009

昨日までモーターショーやってたのね…

↓ホテルの部屋より。都会だー とりあえず寝る…

0010

↓翌朝です。

0012

↓ゆりかもめが走ってます。

0013

ホテル暮らしでなかなか豪勢なんですが、身と心と財布はまぁボロボロにやっつけられて1週間。ようやく解放されました。

↓仕事終了その日に千葉の習志野へ飛んで趣味仲間の方とお食事♪

0014

筑波鉄道のディーゼルとか近鉄ビスタEXとか素敵なクルマ達を拝見しつつ、「帰ったらやるぞー」と気合入れてきました。

そんな楽しい会合の後、東京へ。携帯で調べて空きのあった日本橋のビジネスホテルに一泊しました。

↓起きてラスト1日を堪能します。三越です。ステキな建物ですね。

0015

↓プリウス。でなくて日本橋。

0016

↓東京駅まで歩き、丸ノ内線に乗って

0017

↓池袋に来ました。東武百貨店の某レストランより。

0018

↓果てしないね~

0019

↓向かいの建物下の西武池袋駅にレッドアローが入って来ました。

0020

腹を満たした所で、山手線で田端へ移動します。

↓しばらく歩いて田端運転所に来ました。旅先でこういう所をゆっくり見る事がないので、たまには。

0021

しかしまぁ、警戒し過ぎだろw 途中、警察まで巡回してました。後ろを歩いてたカメラ持ちのお兄ちゃんが職質されてましたね…そんなに大変なコトになっちゃうんでしょうか?ここ。

↓EF81 133が停まってました。

0022

↓奥には貨物のEF64 1049も。

0023

↓ちょっと歩いた所で、EH500-60とEF510-507もいました。

0024

↓カッコいい!

0025

0026 

しかしまぁど逆光です…まぁまともな写真撮ろうって意思もさほどなかったりw

眺めてるだけでシアワセな気分になります。

↓後ろには特急色(わざわざ言わないか)のPFもいます。1106号機です。

0027 

0029

珍しいかは判りませんが、初めて間近で見て大喜びです。

↓EH500-16との並び。

0030

0028

↓もう少し奥に行くとDE11 1032が。宇都宮所属みたいですね。

0031

こちらに住んでるとDE10か15しか見ませんので新鮮です。

↓この奥には新幹線もいます。

0032

この後、土地勘もないのでノリでひたすら歩いていきます。

小路をしばらく行くと、尾久車両センターが見えてきます。とは言っても基本的には塀と建物しか見えません…

所々、中への視界が利く場所がありますので、そこからちょっとだけ覗いてみます。

↓サロンエクスプレス改めゆとりがいます。

0033

↓別の所にはE231が。

0034

↓横では北斗星の客車が出発整備中です。

0035

↓先ほどのサロンエクスプレス。

0036

この後、ひたすら歩いて踏切を渡り、車両センターの反対側へ。

0037

電車の183系がいました。183系というと普通はこっちらしいですw

またひたすら歩くとどこかで見た光景。どうも田端運転所の方に戻ったようです。

↓先ほどのEF81 133とEF510-501の並び。EF510はどこかに走っていきました。

0039

↓いつの間にかEF81 95がいます。

0038

機関車をお腹いっぱい眺めて、この地を後にするのでした…      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2008年4月 東京ツアー | KATO HO DE10入換機仕様 | KATO・キハ40改 日南線仕様 | KATO・キハ82系改「おおぞら」 | kitcheN NDCプラキットで遊んでみよう | kitcheNキット改 相鉄モニ2000系の製作 | kitcheN・キハ160の製作 | kitcheN・苫小牧D5603ベース 名古屋臨海鉄道 | TOMIX・キハ10系の改造 | TOMIX・キハ183系 その他諸々 | TOMIX・キハ183系改 「はなたび利尻」 | TOMIX・キハ20系の改造 | TOMIX・キハ40系の改造 | TOMIX・キハ40系改 キハ40 350 | TOMIX・キハ56改 キハ56 550カーペット車 | TOMIX・キハ58の改造 | TOMIX・キハ58系の改造 高岡色 | TOMIX・新キハ183系改 特急オホーツク '95編成 | その他キット組立 | アダチ・コラ1の組立 | アダチ・タム5000の組立 | イエロートレイン・相鉄モヤ700 | キハ183旧製品を何とかする キハ184-11 前編 | キハ183旧製品を何とかする キハ184-11 後編 | サンゴ・DB10の組立 | スタジオフィール・DD17のレストア | スタジオフィール・キ750の組立 | ホビーモデル・AB10の組立 | マイクロDD16速攻改造術 | ムサシノモデル・キハ03のレストア | モデルアイコン・HO マニ44の組立 | リトルジャパン・スユニ61キットを遊ぶ | レイルロード・クモハ84002 | ワールド工芸・8100形蒸気機関車 | ワールド工芸・DD21を組む | ワールド工芸・小田急電鉄デト1を組む | ワールド工芸・貨車移動機各種 | ワールド工芸・近江鉄道ED31を組む | ワールド工芸・銚子電鉄デハ301 | ワールド工芸・銚子電鉄澪つくし号 | 宮沢模型・スヤ50改 マヤ50 5001 | 小ネタ | 成仏のためのおへや | 板餐館 キハ47-7000「瀬戸内マリンビュー」 | 製品の軽加工 | 適当に集めた実車資料